大谷石に囲まれ旅 1(資料館&ぐいぐい観音)

大谷石資料館へYちゃんとお出かけした(`・∀・)ノイェ-イ!

その町に入ると家々は、本当に大谷石だらけで、

外壁やら、蔵、家の1部(または全部)大谷石的な建築がたくさん見られる。
167-3(8)-1.jpg
駐車場から歩いていると、すでにすごい涼風が吹き抜けたりして。

これはこの地下採掘場跡からのものだった。
167-3(16)-1.jpg
この日は気温11℃。ライトダウンを持参よ。

167-3(17)-1.jpg
そこかしこに、「三代目がPV撮影した場所コチラ」的貼り紙が。

映画とかね。そりゃ、だだ広くて雰囲気あるもん使うわねー。
167-3(9)-1.jpg
いつの?っていうダンプ。このボロみに萌える。
167-3(10)-1.jpg
かっこいい顔だね。
167-3(11)-1.jpg
迫り来る大谷石たち。

次々に来る観光バスにちょっとひきながら。
167-3(13)-1.jpg
その近くの平和観音様。石壁から切り出してるわけで。

こんなでかいもののバランスいったいどうやっているのか。

小学校の時、石切り出して自分像を作らされたけど、そういうレベルじゃないし。
167-3(12)-1.jpg
ぜーぜー階段上り、お顔にせまる。

観音様からの奥の廃屋。
167-3(18)-1.jpg
こわいー。 しかし、惹かれる。 なんだあれは。

と調べたら・・・ こちらにこの廃墟を探検した方が  すごい (`・д・ノノ゙☆パチパチ

167-3(14)-1.jpg
平和観音様から見たこの異様な景色に惹かれまして。

400円納めて入る。

入口でお坊さんが客引きしているという。

ぐいぐい観音。 でも、見る価値はあるんじゃないかな。

この建物の中に千手観音が石壁に直で掘ってあるのが見れますだ。

西暦810年、平安時代初期作だってー。想像つかない。

しかも、ここから縄文時代の人骨も見つかって、

宝物館に展示されてる。わりとキレイな状態。

約11000年前だってー。何が何やら~。

↑のお寺もさ、岩が先か屋根が先か?みたいなね。

屋根できてから、岩が月日を経て変形していったのかと思ったら、

お坊さんに訊いてみたら、

岩は全然いじってなくて、お寺をピッタリサイズに作ったらしいよ。

どうやって~?

ランキングの参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



0 Comments

Leave a comment