熱血先生に出会うの巻

Yちゃんとあるお店でおしゃべりして、

閉店までいて、あらあら、お会計って時に、

オーナーとちょっとした世間話をしていたら、

なんかYちゃん様子がおかしい。むむむ(・ω・)

いくつかさぐり質問しながら、 「○○先生ですか?」


なんと中学校ん時の先生!

しかも、旦那ちゃんも別の中学でその先生に教わっていて、

当時以来初めてその先生の話題をたまたま口にしたのが数日前だったらしく、

そして、この日の出会いってびっくり (°0°) !!


1時間ばかり立ち話をして、

なんでこういうことになっているのか(先生→シェフ)とかまあいろいろ。

とても生徒や保護者から慕われていた先生らしかった。

50代半ばで、先生を辞めて、料理学校に通うってなかなかできないことだろう。


今の時点で、もうこれやるには遅すぎとか、年とってからじゃこれやるの無理って

よく思っている私は、感心しきりですよ。

私にはそのエネルギーやら根性は残念ながら無いので、

よっしゃ私もがんばる!とまではならないのだけど、

いい刺激は受けます。


いつもお店の棚の中にしまってあるという生徒からもらったお手紙を見せてくれた。

辛い時に見て元気をもらうのだって。

もう、内容が金八先生ですよ。

熱血先生だったのだなぁ。私の学校にはこんな先生いなかった気がする。

素敵なお方でした。



ワイドナショー見てたら、

「おっさんレンタル」のお試しを放送してて。

まあ、そのまんま。おっさんを1時間/1000円でレンタルできるっていう。

そのおっさんをレンタルした人々 ― 

余命が幾ばくもないガンの30代女性とおしゃべりやら、

お父さんを亡くした20代男性と1日お父さんのように一緒に釣りとか、

20代の女性に、いきなり私の外見何点ですか?って聞かれたとか・・・

1000人以上会ってきて思うことは、

人生1度きりだということだって。



なんか。

とても教訓めいたことが色々起こった週末のこと。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


0 Comments

Leave a comment