カブトムシと、 beetles

155-5(5).jpg
イングリッシュガーデンの別ハチ。



先日のこと。 Jやんが煙草吸いにベランダに出ると、

『 カブトムシがひっくり返えったままこうなってた 』 ( と、腕をわしゃわしゃ)

それを見て、ため息。 

『 いいか?オレはお前には触んないだからな(自分で解決しろ)。 』  

ゴキブリとハエ意外は虫を殺したくないJやんだが、触りたくもない。

放置して立ち去る。

しばしして、もう居ませんようにと願いつつベランダへ行ってみたら。

まだ、そこでわしゃわしゃ・・・。

仕方なく、そこにあったホウキの柄でひっくり返そうとひょいっとやったら、

勢いよく壁にぶつけてしまい、動かない・・・・ (○゚д゚)ャバィカモ・・・

そのまま、ベランダを去り、また戻ったら、そのコの姿はなかった。

どうなったんだろう・・・と。

くい気味に、飛んでったんでしょ?って言うと。

『 カブトムシが全部飛ぶとは限らないでしょ。 』

は? あのね、アイツたちは皆あのてっかりボディに羽を隠して・・・

『 だから、全種類のカブトムシが羽を持ってるわけじゃないでしょ。』

何を言ってるのか?と思って調べてみたら、私が思ってるカブトムシは
 
英語では、Japanese rhinoceros beetle。 Beetleで考えると40万種類いて、

飛べないやつもいるってことらしいわ。

ややこし。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


0 Comments

Leave a comment