Singapore Travelogue9(シンガポール日記 その9 続ナイトサファリ)

sin(32).jpg
大きいんだか小さいんだか。「オオ」「マメ」って。

トラムに並ぶ。 
すると、Jやんが入口方向見て、 『 あっ!』 なんだよー!『 ほら、こっち向かって来るカップル、今朝駅で 』 おーーー! そうです。 朝、地下鉄の駅でカードのチャージをしていた時、女 『 そのカード何なの?ボタニックガーデンに行きたいんだけど、チケットはどうしたらいいわけ?』 男『おい、ここはバスのチケットじゃないのか』 え!地下鉄の駅にいるのにバスって!わからないにもほどがある。 え~っと、このカードはコンビニで買ったんですよ、と言ってみたがよくわからん様子。 J やんに引っ張られてその場を去る。なんで? J 『 人にものを訊く時はそれなりの態度ってものがあるでしょ。』 ああ。そうですか・・・・・   という事件があった。 はい、その時のカップル! 4、50代くらいかな。なんと私たちの後ろにぴたりと並ぶ。わー、後ろ見れない。 しかも同じトラム。 まぁ結果あっちも気がついたかどうか定かではないですが。さて、トラム乗車。 いろんな動物たちに、さっきと同じ感情を持ち続ける。 なんかトラム来た時だけサービスしてないか?森の中にステージかのようにぼんやり灯りがついてる箇所があるわけだけど、ちゃんとそこにいるんだよね。 広大な土地なのになぜそこに? 昼間は何やってるの? 象さんにいたっては鼻を左右に振ってダンシングのサービス・・・。
(・ε・)ムー、やはり怪しい。注射とかしてないよね? 

sin(37).jpg
不思議なナイトサファリである。そして、暗すぎて写真がまったく撮れないためにストレスが溜まる。今度来ることがもしあったら普通の動物園がいいなと思う。

帰りバス停に向かうと客引きのお兄さんが$3で乗合バスでホテルまで行けるというのでそれで帰る。そして、あのボタニックカップルもまた一緒っていうおまけ付き。

To Be Continued・・・ 

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

0 Comments

Leave a comment