Singapore Travelogue3(シンガポール日記 その3 アラブ街)

公園を抜けて、とぼとぼ。 Chye Seng Huat Hardware で、ひと休み。コーヒーがおすすめらしかったけど、HANDMADE Lemonadeっていうのに2人ともに反応。
sin(112).jpg
涼しげで、ええやんかあ。
sin(111).jpg
お昼どきだったもんで、隣の人たちが食べてるものすべてがおいしそうでみつめてしまう。
sin(113).jpg
2階の雑貨屋さんをちょっと覗いてからまた歩き出す。

sin(86).jpg
川を渡ったら、アラブ系の街。 
sin(85).jpg
Victoria St.沿いになんだかアートの香りがぷんぷんしており。

sin(83).jpg
ARTISTYと迷ったあげく、おしゃれカフェSYMMETRY でランチ。
また、店員さんがオススメを言ってくれるがぽかーん(゜д゜) 断片的にしか理解不能。 ゆっくり言ってくれる?J が私にそのオススメをススメてくるが、もう私は決めているし、それそんなに食べたないし。J もきっとそうなんでしょ (¬、¬) アヤシイ
でも、断る勇気がない私たち。結局、J が食べる。
sin(84).jpg
どれも結果おいしかったから良いんだが。
sin(82).jpg

sin(76).jpg
アラブストリートにわくわく。
しかし、メインであるサルタンモスクにグレーの布。。。なんと工事中゚(゚´Д`゚)゚ 
sin(78).jpg
遠くからは、玉ねぎ部のみ見えてます。でも、なかには入れるもよう。やった。
sin(81).jpg
受付のいいおじさん。国名と名前をリストに書く。先にJ やん。  ・・・って、ぎょっ。 しゅれーっと、 「 Irish 」。アイルランド人って (;゚ロ゚ ) 素直にJAPANな私。気さくに話かけながら、Jやんに腰巻き布をつけてくれる (ショートパンツはダメ。女子はいいのかな?)。そんななか一人ドキドキ。あんないいおじさんにウソついて!バレやしないかとはらはら。後で聞くと、「 シリアにイギリスは空爆してるから嫌がられるかと思って 。」 ・・・ っていうか、よく咄嗟にウソ出ることに感心するわ。後に、神様にウソついたことに反省しておりましたが。
sin(80).jpg
入ってすぐアラブ服の女性(ハリセンボン春菜似)が話かけてきていろいろ説明してくれたけど、話長すぎて飽き&時間もそんなかけられないし写真撮りたい熱がたかまり、ここはJ にまかせてフェイドアウトを決め込む。ごめんなさい。
sin(74).jpg
春菜の話では、お祈りは1日5回、地べたに伏せなければならない(そういうイメージでしょうが)ことはなく、どんなスタイルでもどんな時間でもよいのです・・・等々。
sin(75).jpg
さっきの寺院よりも丁寧な感じのお断りですね。

sin(77).jpg
ハジレーンという通りはおしゃれショップが並んでいるのでちょっとのぞき、そこからてくてくブギスにあるキャットソクラテスというショップへ歩き。かわいい雑貨店。
sin(79).jpg
ゴミもアラブ風。

To Be Continued・・・ 

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


0 Comments

Leave a comment