FC2ブログ

踊るお友達、舞台イギリスコメディ

お友達の舞台見ました。

今回、原作がイギリスものという事で、

公演前に、劇場のところのCafeで紅茶サービス

やったね、タダ!と飛びついて飲みほしてはみたものの、

ただでさえトイレの近い私はちょっと後悔

お芝居中に、トイレ立つ人続出なんてことになりやしないのか

などと、余計な心配までしつつ、

いつものくせのギリギリで劇場へ飛び込み


「スリッパ誰の?RELATIVELY SPEAKING」


原作がイギリスのコメディだというので、

つけっ鼻にカツラ…とちょっと妄想していたのだけど、

いやいや、ちゃんとした舞台でした。そりゃそうですけど


めちゃ日本人なのに、「Oh、フィリップ!」とか呼ばれちゃうのか…

大丈夫かな、私…って、ちょっと思ってたけど、

見ていたら、なんか不思議なもんで、

そんなの気にならないし、

なんならイギリス人に見えてくるというか、

吹き替え版の映画を見てるような感覚にちょっとなってた。

話がしっかりしてるし、面白くて引き込まれたよ~。

私は、特にシーラさんの雰囲気がツボで結構笑っちゃいました。

皆さん、大熱演ですわ。あんなにセリフ覚えて、

スラスラぽんぽん出てくるなんて、すごいなぁ。

そして、お友達が、踊ってました!衝撃 ははは。

知ってる人が本格的に踊るの見るって、私の人生では今までなかった

しかも、かなり切れが良くって、びっくりよ。

私が勝手に運動とかダメなタイプだと決めつけていたからかしら。

ほら、芸術的な人って、動くのはちょっと…っていうの多いでしょ?ね。(いい訳)


いかにもイギリスっぽい話で、

すごくイギリス映画が見たくなったな。

この原作者のアランエイクボーン ALAN AYCKBOURN は、

Sirの称号を持つくらいイギリスでは有名な現代喜劇作家らしい。

日本ではなぜここまで、ほとんど知られてないんだろう。

(WIKIPEDIAでさえ日本語では出てない)

まぁ、映画化とかされなければ、知られるわけないか。。

0 Comments

Leave a comment