おいしいけど途中から拷問。。

1410-5(1).jpg
近所にカジュアルフレンチレストランがあり、

10周年記念とかでお安くスペシャルディナーコースを提供されていまして、

紆余曲折ありまして、やっと行ってきた。

1度、予約無しで行って、

予約でいっぱいで一般のお客様はお断り。

2度目はJやんが、一人でランチを食べようと入って行ったら、

いきなり、ダメダメという素振りで追い払われちゃったらしく。。。

ランチ2時まででOPENになってて、1時に行ったのに (`ヘ´) と。

理由はよくわかりませんが。

とりあえずディナーはおいしくいただきました。
1410-5(2).jpg
✩7つ (10コ中なんですね)

ここがちょっと・・・ ってポイントが、

フォアグラの大根にのってたやつと、

ステーキのわさび醤油ソースだったところが、育ちの違いを感じます。。。

私的には密かにそこがよかったじゃんっと思っていたのでね。

和とフレンチのコラボじゃん、と。

どっちにしても。。。

前菜プレートとオニオングラタンスープですでにお腹満たされていた私は、

お魚の途中でもう、拷問に近くなってきてる残念体質。おいしいけど。。。

お肉はもう無理くりで。(デザートはもちろん別腹)
1410-5(3).jpg
メインの頃にはもう。

食後しばらく苦しく気分悪くて、

数日胃が痛むのかと思い、もうコースなんて食べませんと思ってるパターンになっており。

自分でも嫌になるけど。 食べられんものは仕方ない。

帰ってからちょいと口から放出してしまい・・・ああ(´・ω・`)

J 曰く、 

『 古代ローマではね、食事中に隣にバケツ置いておいて吐きながら食べ続けたんだってさ 』

何の意味があんねん。

『 だから、その味を楽しみ続けたいからっしょ。 』

へぇ。 私はその味を楽しみたいって欲求がないんですね。

人間、宇宙食みたいので、1分の食事でお腹みたされるっていう生活になったら、

ちょっと楽だなと思うときあるし。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


0 Comments

Leave a comment