見積りんぐ。

ちょっと驚いたことを備忘録的に。

引越し見積りってしてもらったことある方たくさんいると思いますけど、

初めてだった私は衝撃を受けたわけですよ。。。

気軽な気持ちで3件くらい比較しようとしたのだけど、

週末の朝やって来ました某引越し会社。

まず、おじぎがなんともなんぼほど下げてんだいってくらい長いわ、

お米一袋くれるわ、床に座ってしゃべりだすわ、

ソファ勧めたら一礼して申し訳なさげに座ったけども。

とりあえず、料金が出まして、

前に、電話で見積りした会社の倍以上だったので、

もう無いわ、と思いつつ、

はい、わかりました~ 検討します~

って。 ここからが長かった

「今決めてもらえませんか?」攻撃。

だから、決めろっつうならもう無しだけど、とりあえず検討したいって言ってるし、

今決めたら比較の意味ないでしょ?

って言ってる間に、次の見積りたのんだ別引越屋さんが来て、

もう帰るだろうと思ったら、「大丈夫です、よくあるんで

って、こっちが大丈夫じゃないっつの

午前中に全部終わりにしたかったのに

で、 「別の引越会社へのお断りの電話をこちらでしますので」

 「 おいくらなら今決めてもらえます?」  とか、しつこいので、

半額以下の値段を言ったら、「上司に訊いてみますので」と電話。

な、なんと

結局、半額以下になっちゃったんだけどさ。

驚いていたら、 「 新卒なんです・・・ 」

はい?! え何が? 

「 どうしても、 お前がこの契約をとって来いって・・・。」

はーん。 なんとなく、新卒君が入社以来契約をとれてなくてピンチな状況だから、

ここは赤字覚悟で、このコに花を持たせてあげようっていう上司の気持ち?的な?

って思ってその場は納得したけど。

その後、この出来事についていろいろJやんと話していたのだけど、

なんか、そもそもが最初に値段が法外な値段で、

半額になったっていったって、赤字でもなんでもないのではないか?とか。

何なら、あのコは新卒でもなんでもなく、

上司に電話なんてしてない小芝居なのかも! とかね。

『 もう少しで玄関から、はい、サンキューって押し出してた 』 とJやんは言ってたが、

まあ、しつこいけど、気持ち悪いおっさんとかじゃない、

ういういしさがかわいかったので、私としてはよかったと思うしだいです。。。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

   






0 Comments

Leave a comment