めんそーれ沖縄・八重山諸島(その4)

八重山諸島(竹富島)2日目

yeym(39).jpg
入ってますって

沖縄の昔ながらの街並みとまた水牛さんに会えるから、

期待してた竹富島。

しかし、別の意味でインパクトを残した。
yeym(40).jpg
石垣とオレンジ色の屋根にシーサー、

ブーゲンビリアが咲き乱れてて本当に素敵な集落

(水牛車からしか見れずあんまり撮れなくて残念

yeym(41).jpg
でも、赤字と黒字の立て看板で埋め尽くされていて、

一瞬なんだかわからなかったのだけど。

読んでみると。島民のこの観光センターへの移動願いだった。

暴走水牛・暴走バスとか、子供たちに安全な島を、など。
yeym(42).jpg
もう途中からそればっかり考え始めてしまった。

水牛車に乗ってる私たち迷惑と思ってんのかなぁとか、

三味線弾いているおじさんの音も気に障るかなぁとか。

あとで、石垣島の人と話す機会が会った時聞いてみたら、

まだ見たことはないですけど話には聞いていて最近みたいですね、と。

でも、観光でなりたっている島なのに、それはどうかと思うところはある、と。
yeym(43).jpg
お世話になった、長ションの富ちゃん。

この島はとても魅力的だけれど、

あのままではもう素敵な島のままの印象ではなくなってしまう恐れがあるよね。

観光地であること自体に反対なのか水牛観光だけなのかわからないけど、

あんな景観にしてしまっては残念でならないのは皆同じなんじゃないのかな。

個人的には水牛車がなくても十分に素敵な町だとは思うけど、

いろんな事情はおありなのでしょうね。。。

yeym(46).jpg
バスで星砂浜へ。

ちょっとだけ降りて星砂探し・・・というより、
yeym(44).jpg
美しい海と。

こいつに夢中で。
yeym(45).jpg
おろせやー、ぼけー

yeym(49).jpg
結局見つけず、飾ってあった拡大鏡の中の星砂☆(夜空みたいだ)

yeym(47).jpg
デイゴの花が咲き~♪
yeym(48).jpg
初めて見た時は心奪われた。真っ赤。何かと思った。

そんな県花のデイゴは一時期病気になって咲かなくなってしまったらしい。

最近、注射などで治療してやっと再び咲き始めたと聞いた。よかった。

そんな港に向かうバスの中。

後ろに座っていたJやん興奮気味に窓の外を見ながら、私をつんつん。

「イリオモテヤマネギ

ヤマネギ?

まじで言い間違えたらしく照れている。(野良猫を見たらしい)

しかも、もうここは竹富島だかんね。

To Be Continued

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


0 Comments

Leave a comment