Atoms for Peace @新木場

1311-4(1).jpg

やたらとレザーなピープルが多い新木場駅。
なぜ、レザー?RADIOHEADとはまた違った質感?
レザーについて行くとちゃんと到着。
ちょっと考えたあげく、Tシャツ購入の列に並ぶ。
毎回思うんだけど、
あのTシャツ売場の女子は感じ悪いのはなぜなの

意外にギリでもロッカーは空いていた
とりあえず、前から2列目ゲット。
いわゆる前座さんがまた意外に早く6時半には登場。
よかった体力は保たれそう。
REDIOHEADの歴史とともに、
ファンの年齢も確実にあがっている印象。

で。
登場 
ぎゃー!近っ近っ近っ やばやばやばーっ !!
この20年近く何回もライブに足を運び、こんなに近いのはお初。
うれしかったけど。
始まってすぐのあの、ぎゅっの時に
私の前にすぽって入っちゃった小さめ女子の頭がなぜか臭くて
本当にきつかった。ふつうに臭っ!て口から出てた(聞こえない声でだけど)
そして。あのー。人々が持ち出す携帯カメラ(コンデジまでいる、おい!)が・・・。

「ダイジョブデス」「アリガトゴザイマス」
「オイシデス」
と明らかに知ってる日本語だけくりだすトムさん。
ステージの右にあるピアノへ歩いてくる時がいつも近近タイムなのだが、
ピアノに座っちゃうとしばってるちょんまげしか見えず。
動くちょんまげをぼーと見てたら、急にトムさんの顔がひょこっと出没。
こっちに向かって「スイマセン!」
かわいいぞーこらー
あの歌声を巨大スクリーンでじゃない、
生の表情つきで聴ける幸せ~。
セトリ。

1.Before Your Very Eyes...
2.Default
3.The Clock
4.Ingenue
5.Unless
6.And It Rained All Night
7.Harrowdown Hill
8.Dropped
9.Cymbal Rush
---------------------------------------
10.Feeling Pulled Apart By Horses
11.The Hollow Earth
12.Rabbit In Your Headlights(UNKLE cover)
13.Paperbag Writer(Radiohead cover)
14.Amok
---------------------------------------
15.Atoms For Peace
16.Black Swan

1列目かぶりつきの位置でずーっと下向いてる人がいた。
途中外国人セキュリティさんが大丈夫かと声をかけちゃうほど、
トムさんがこっちこようが、本当にずっと下向いてた。
音は聴いてるんでって返事でしたけど、
じゃ、なぜあそこにいる必要があるんか。。。
気持ち悪くなった彼女の頭を肩にのせて前方に居続ける彼氏とか。
海外からの追っかけ的人々もけっこう見た。
明日来る~?とか昨日はどうもー的な会話がなされており。
ふ~ん。

とぼとぼ橋を渡る。寒い。
1311-4(2).jpg

帰ってJやんにご報告。
言われて気づく。 買ったTシャツがでかすぎた・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

0 Comments

Leave a comment