瀬戸内国際芸術祭 Setouchi Triennale 女木島④

いざ鬼ケ島・・・setouchi(32).jpg
(女木)。
ずっと見たかった
「カモメの駐車場」のカモメさんたち。
ハタハタしていてテンション上がるー。
風でキーキーいう様子がかわいい~。
setouchi(33).jpg

島内放送でおじさんが何かの清掃について連絡しており、
”清掃ー”の言い方がツボにはまる。
setouchi(35).jpg
女木島は高松に近いから、
田舎風景の奥に、幻の都会みたいに高松が浮かび上がってる。
setouchi(34).jpg

「不在の存在」
和室に2枚の鏡があるような部屋で、へ?
小石のお庭で、へっ?
ってなるわけだけど、
ネタ知っちゃってたから感動が半減。
仕入れるべきじゃないなー、ネタ。
楽しみにしてたのに、ちょっとショック。
さめ気味リアクションで、Yちゃんに仕掛けがうっすらばれるという失態。
悪いことしちったよー

setouchi(41).jpgsetouchi(40).jpg
道の女木ネコ。たこつぼをメンテしてるおじさんとか見かけたり。
こんなに小さな女木島だから、
”わたしたちの”感がよりリアルに感じる。

「女根」
setouchi(38).jpg
ボランティアのおじさんが色々説明してくれた。
(大竹さんが、大竹さんが、と言われるたび、
さまぁ~ずのほうの顔が浮かぶー。)
setouchi(37).jpg
いろんなゴミ(?)を拾ってきては、オブチェを追加していってるらしく、
いづれジャングルみたいにしたいという計画らしい。
setouchi(39).jpg
それしても、このじゃっかん卑猥な女根。
多分お子がいないために、休校中の小学校の中庭に展開してるのだけど、
お子が入学してきて、これをどう思うのだろうか?
その子の将来を勝手に妄想してしまう。
setouchi(36).jpg

つづく。
To Be Continued   

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 



0 Comments

Leave a comment