PRAGUE・VIENNA TRAVELOGUE 19 ( 帰国 )

VP(213).jpg
さようなら~、チェコ

とうとう、最終日の朝
予約したタクシーがホテルに定刻で到着。
そこはさすがにちゃんとしているんだね。よかったぁ。
こんな贅沢したのは初めてだったから、ちゃんと来るんかちょっと心配だった。
VP(211).jpg
空港でも、お土産を探し求める最後まで元気なM子。
披露困憊だけど最後まで写真撮ってる私。
VP(212).jpg
まず、プラハの空港からウィーンまで飛ぶ。
だいたい想像はしていたよ。飛行機はプロペラ付きだよね、きっと、て。
しかし、こんなに小さいとは
飛行機まで、バス移動した時確実に2mはあるであろう巨人さんが一緒にいて、
比べたくて何気に隣に立っちゃったりする。
機長室もまる見えなら、後ろのエンドもよく見える。60人くらい乗り?
飛び立っても眼下の景色は見えっぱなしっていう( 高度が低いからね )
ディズニーのアトラクションなみだ。
VP(214).jpg
あの巨人さんはどうやって持ち堪えたのか、この狭さ・・・と思っていると、
上りエスカレーターで背後にその巨人さんが
下にいるはずだが、ほぼ同じ目線~( か、ちょい上? )
ウィーンの乗り換えでちょっとびっくりしたのが、
さっき機内でもらった水もここで飲むか捨てろ、と。
あのぉ、ほんのさっき君らの会社で配ったやつちゃうんかーいっ と。
VP(215).jpg
飛行機に行く蛇腹の中を歩いる時、M子を見失って振り返って立ち止まると、
CAのお兄さんが、『 ここで待っててもいいよ。』と声をかけてくれた。
大丈夫だよと答えた直後にM子が来たので話しながらCAさんに目で感謝を送ると、
ウィンク~ しかも両目な感じのかわいいやつ。
あぁ、さようなら外国文化~。
最後まで ”外国 ”気分を味わいたい私たちは、入口のCAさんも
オーストリア人の方のほうへ。
この時、反対にいてある種不思議ちゃんオーラを出してた
日本人CAさんA子(仲間に呼ばれてて名を知る)は、
本当に不思議ちゃんだった。あんなCAさん初めて見た。
席がばらばらで、ツアーのおじさんおばさん方に包囲されてた。
M子談によると、隣のおば様方は、ずーっとワインを飲み続け
食事の合間には ”おしゃべり豆 ”( ピーナツ的な )を食べながらおしゃべりし、
最後に日本時間6時半頃に出た朝食時にはビールを
す、すごい。
VP(216).jpg
さすがに疲れて帰国してほっとして、旅はしばらくいいかなぁ・・・
なんて思ったのもつかの間。
1週間もしたら、もうどっか行きたい~

人気ブログランキングへ

0 Comments

Leave a comment