九州よかとこ part 2 ~ モクモク地獄

11408 (14)
”ヤング ”の謎               ( もはや、火事も見つけにくいのでは … )

はい、次、別府

山道を走っていると近づくにつれ、そこら中から蒸気がモクモク上がり始める。

湯の花を作っている場所によったのだけど、地面が全部あったかいのだよ。

写真撮るのに跪いた時もじわ~っ

街に入って来ると何だか笑っちゃうほどのモクモク

交番とかでもパトカーの後ろからモクモクとか、銀行の背後にモクモクとか。

「 地獄 」っていうワードがどうもツボになってしまい、

もはや「地獄めぐり」とか楽しいんだか、怖いんだかみたいな。

あるちょっと古いガイドに載ってたので笑っちゃったの思い出しちゃってね。

11408(10).jpg
〔 地獄組合 〕...〔 観光地獄 〕...んで、〔 天然地獄 〕って


で、その地獄のひとつ、血の池地獄 

すごいすごい、オレンジ  

11408 (12)

確かに日本人のイメージでは地獄っぽいけど、イギリスではどうなんかと聞くと、

地獄は火の海らしいから、あんまりこの血の池地獄ピンと来ないっぽい。

11408 (11) さっきのずぶぬれに効く足湯

11408 (13) ジュースはふつう。
マムシ的な栄養ドリンクもの想像したけども。


宿に到着~。 

ガイドさんにいじられ始めるJやん。お決まりの質問(「日本語しゃべれるか?」とか )と、

「 温泉好きですか?」に、 「 ハイ、スキデス 。」 あら、いい子だね。

顔がピンクになってるよ。草津でも温泉に入らなかったのにねぇ~ 。

「 熱すぎるし、皆にじろじろ見られるの嫌だから男風呂へは行けません!!」 とは言えないね。

ホテル会場でお夕食して、エレベーターに乗り込むと、

先にいたほろ酔いめのおじちゃんが、私たちに「 イレブン(11階 )? 」と訊いてくれた。

部屋に帰って。Jやん曰く、 ”ビール1、2杯入ったニッポンのおじちゃんあるある ”

私もお夕食会場で気づいてはいたけど、隣のおじちゃんめちゃめちゃJやんを凝視し始めた。

( 酔ってきてからね )

50、60代の奥さんか誰かと一緒にいるおじちゃんで、まずお酒でちょっと酔いーの、

じーっと見つめ始めてダメなら、さらに近くで簡単な英単語をちりばめ始める。

英語を試したいのか、話すところを誰かに見せたいのかなんなのかなぁ、と。

なるほどね。その気持ちもわからんでもないけど。

Jも、もっとフレンドリーにするべきかもしんないけど、疲れてる時はできないやん、と。

それもまぁごもっともですね。

今回のご当地ワイン 11408(15).jpg

スーパーで買ってきた大分安心院ワイン。

TO BE CONTINUED・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment