赤い毛糸と貝とトラウマ

101204 (8)

クリスマスイブ 

まったく自覚はないままだけど、近所のイタリアンでいちおうディナー

気がつくと、各テーブルには見事にカップルのみ

まだまだメディアだかホテルが作ったようなイメージは健在なんだなと思う。。。

この日ほど一人で出かけずらい日は無いよね、昨今。彼女彼氏旦那嫁がいない人も、

いても一人でいなきゃいけない人も、まぁ出ずらい。ように、メディアに操られてる気がする。。。

何年経ったらこの考え消えるのやら。


                  


それはさておき。

家族へのプレゼント選びがまだ終わってないのがJ本人。

私もプレゼントには気を使っちゃうほうだからわからんでもないんだけど、

もぉ。 ちゃちゃっと YOU やっちゃいなよって感じ。

とにかく気に入られなかったら…ってことにビビりすぎ。

イギリスは今年大雪で、郵便物が大幅に遅れていて、両親がJの誕生日に送ったものもまだ着いてないくらい

だから、もうこうなったらいつでもいいんじゃないかとも思うけど。


                  


朝語ってた6歳のJ少年の話。

ママにネックレスを作ってあげた。って言っても。

赤い毛糸をその辺の引き出しで見つけたちっちゃい穴が空いた貝に通しただけ。

J少年的には、このデザイン見ろよ最高じゃねぇか 自信満々でママに渡す。

ママはもちろん大喜び。

J『 今付けてみたら~

ママ『 今はお料理とかで忙しくて壊しちゃうといけないから、あとでね 』。

がっかりJ君

ママが友達と出かけることに。

J『 友達に見せたらいいんじゃない? 』

ママ『 なくしたら大変だからね、あとでね 』。

J君、ガーン( ̄□ ̄;)

きっと気に入らんかったんちゃうんかーーーー( ̄□ ̄;)

で。多分、それがトラウマらしい。。。

0 Comments

Leave a comment