名古屋旅 ① ( あいちトリエンナーレ/AICHI TRIENNALE )

名古屋旅 第1日目/前編 

1001ナナ ナナちゃん・祭ヴァージョン


ホテルに荷物を預けるため、トリエンナーレ仕様にトイレで変身していると、

Excuse me と女性が入ってきた。

話してみると、名古屋の女子と甥であるNY男子で結婚式があるためカルフォルニアからはるばる親戚一同でやってきた模様。

名古屋の結婚式は盛大そうだよね。


ともかく、期待の長者町エリアからスタート。

ここは美術館的な施設じゃなく古いビルとかに展示なので、より楽しそうなんだな。

まず、馬。 1001馬

次のところで、ボランテイアであろう女の子と結構しゃべってしまう。

関東の配置がわからないって、旅心をそそる発言のかわいい女子。

そんな調子じゃ時間内に見終わらないので、さくさく行く努力を

1001プリ黄 草間さん作・水玉プリウス通り過ぎる!


新潟の大地の芸術祭ん時と違って、別売りの解説本が無いと、なんとも情報に乏しいこのトリエンナーレ。

このエリアで一番印象に残ったのは、スターネットビルの渡辺英司さんに決定。

1001ちょう1
                1001ちょう2

「 根気のある人やね~ 。」「根気のある人やね~。」

と2人で言い合っていた初老の夫婦さんがとても可愛くて憧れ~

ATカフェのビルのオーロラを再現していたのも良かった。

ゆらゆら、ふわふわ 1001オーロ

旧玉屋ビルでは、 テュラテュラテュラテュラテュラテュララ~ の歌が、頭ぐるぐる

しかも、ちょっと調子っぱずれのお子たちの声。

1日いる人・・・お察しします・・・。ボランテイアさんもここの当番かるく嫌なんじゃないかとか思う。

ここの1階では、「どんなじごくにいくのかな」っていう子供の作品とその作品の説明をしている子供たちの映像。

面白い反面、怖いわ。この子、心配 1001じごく



すでに、疲労じわじわのなか、無料で乗れるベロタクシー( 自転車タクシー )乗り場へ。

手前のおじちゃんドライバーがいらっしゃいましたが、奥の若造君ドライバーへ向かう。

しかし、スタッフさんにこっち出ますよ~ と呼び止められ引き戻される。

なんか、きっとボランティアであろうおじちゃんに漕いでもらって、悠々と後ろに乗ってる自分っていう絵が、

気がひけてね。しかし。

そんな心配もなく、元気にこぎこぎ 1001べろ


でも、結果的におじちゃんは茨城出身だということで親近感わいちゃっておしゃべりして写真も撮っちゃたりして

オアシス21へ。1001水玉はと 1001プリ


テレビ塔って、いまいち地味? 1001テレビ塔


調べていた名古屋カフェのひとつ、rotti cafeに向かうが鍵閉まってる

定休日でもないのに・・・。

隣の中古CDショップの優しげなお兄さんに訊く。「 時々、どっか行っちゃうみたいなんですよ~。 」

なんですと~ 休憩かな。がっかり・・・

近くのまたこじゃれたカフェに入る。デニッシュ食べ放題。

モーニングでコーヒーにパンが付いてきちゃう名古屋だけあって、太っ腹だねと一瞬思ったけど・・・

デニッシュって食べ放題って言われても、そんな食べられる代物ではないよね

TO BE CONTINUED・・・

あいちトリエンナーレ写真いっぱい。コチラ↓

rainmakerstreet gallery
http://fotologue.jp/rainmakerstreet#/12889393/12889509




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment