私のいない私の世界とライスプディングでうそ泣き

ちょっと前に、食べたいイギリスの食べ物話をしてたら、

Crumpet ってのが出てきた。トランペットの親戚みたいななんかあまりおいしそうな響きはなかったからか、

放置していたものを、なんとなくWIKIってたら … 

超おいしそうなんだけど 東京なら、どこかに売ってるはず。

探そう ~ っ と。 ( ていうか、作れ? )


イギリス食べ物で思い出したけど、ライスプディングってのがあって。

シナモンちっくなかおりのお米甘いミルク煮 … みたいなやつ ( 伝わるか、それで?!)


J がまだ小さい頃、お友達のお家で夕食をゴチになったら、

デザートにそれが登場 (← 間違いなくこんなでは、ないけど。)

泣いたそうだ。 食べたくなくて。

腹痛いって、うそついて。 泣いたそうですよ。 ( 悪いけど、爆笑 )

三つ子の魂 … 。 何かと今に通じるものを感じる! 泣きはしないけども。

結局、その家での2回目の登場に、観念して食べたら、おいしかったらしい。 泣き損 。

私は、ホームステイしてた時、そこのばあちゃんが作ってくれて食べたことがある。

すごくおいしかったけどね。日本人には、やっぱりどんな形であれ、お米ってとっつきやすいのかな。


まったり、映画でも見よかと、私が適当に借りてきた 2枚。

J 『オレもちょうどそれ見ようか考えてた  って、ことで

「 BABEL 」スタート。

モロッコのシーン。 こりゃ、英語ではないな… 日本語字幕はあれど。。。

ちょっと通訳しやくつつ続行 ( 早く英語のシーンに )。

つづき、日本のシーン。 え~ (-_ー;) やっと、終わった (^o^)/ 英語に

モロッコのシーン。 ガ~ン 。 『 もう、今日は見ない。面白そうだから、あとでちゃんと見るよ~』

撤収~。 あとで1人で見よ。


で、結局もう1枚の 「 My Life Without Me(死ぬまでにしたい10のこと) 」 (邦題、微妙。)

これは、女子向きっぽいから1人で見るつもりだったんだけど。 まぁ、全部見れた。

いきなり余命2ヶ月と告知された女の子の、タイトル通りの話です、まま。

このコは、家族(旦那さん、お子たち、両親)にも友人にも誰にも

病気のことは最後まで隠し通して、ちょっとはイケナイことはすれど、

基本、自分がいなくなったなった後の自分の大切な人たちの幸せのために行動してる。

おのずと、自分だったらって考えちゃうよねぇ。

隠し通すのが愛なのか?知っておいてもらうのが愛なのか?残された人の気持ちは?

私だったら、絶対だまっていられないだろーし、

あんなに人のこと思いやってやれる力量は持ち合わせていない…

だろうなぁ。。。

God Only Knows って曲がちょっと素敵でした   
 

0 Comments

Leave a comment