FC2ブログ

Bali Travelogue 6(バリ島日記・その6) 

第6日♪


s-DSCF0836.jpg

最終日。ホテルの朝食は、バナナパンケーキと、今までカフェで気になっていても、

ちょっと飲むのはびびってたアボカドジュースに最後だからトライ。

んまーい うまい!こんなことなら、もっと飲んどけば良かった。

別れを惜しみつつ、ホテルをあとにして、夕方のバスを予約しに行き、

(もちろん、私の名前でほくそ笑まれる)

モンキーフォレスト通りをショップ見ながら、

チャンプアン橋まで、ずんずん歩いて川が見下ろせるレストランへ。

雰囲気も味も良いのだけど、対応、遅っ。

お勘定頼んだら、理解したんだよね…

って不安になるくらい待たされ、急いでんのに、お釣りもえんえん出てこないので帰った。

そういう戦略?

橋にちょっとよってみる。ある意味、きもだめし的。所々朽ちて穴空いてて

下ーーーにある川が見える。旅先ってのは不思議なもんで、

普通だったら怖くて身構えるとこがけど、のりのりで写真とか撮ってた。

行水してる男のひとたちが遠くに見えた。


買いに戻ると約束したお店に急がねばならず、メーター無しのタクシー

(たぶん、ただ車持ってるってだけの人だよね?)にトライ。

交渉は、全部J君におまかせ。したにもかかわらず、

法外な値段で納得しちゃったと勘違いしてタクシー内でブツブツ。

よく考えたら、最初は通常の2倍の値段て言ってきたけど、

最終的には、まぁちょっと高めかなってくらいでした。

算数できない人は、黙ってれば良いんですね。はい。

そして、無事バッグをゲットして、ほつれも直ってた電球

友達に電話してくれたんだねぇ。

バスに間に合った。ほ。

s-DSCF0936 v

さようなら、ウブド。楽しかったよ、ウブドぴかぴか(新しい)

バス内では、目の前に座ってた20才っくらいのお兄さんが

多分ウブドで会ったのであろう男の人に、マシンガントーク。

1時間以上、ずーーーっと!

どうやら、世界を旅して回ってるらしく、武勇伝、武勇伝でんででん

なわけです。聞きやすい英語だと思ったら、Jいわくスコティッシュだって。

手振り身振り、擬音、満載のF用語満載で、私たち2人はしみじみ、

「若いね~」って顔で眺めていた。

ちょっとジュードロウに似たかわいい子だったので、

どんなに騒がしくても…指でOK


クタのホテルに着くと部屋のベッドに薔薇の花がひとつ。

昨日、ここのホテルの人が置いてくれたのだね。

一晩放置しちゃって、かわいそうなことしたねぇ。

荷作りを済ませて、スーパーにおみやげを買いにダッシュ(走り出す様)

大雨でホテルの前でタクシー拾うこともままならずウダウダしていたら、

駐車場の警備員とだべっていたおじさんが2万ルピアで連れってってやるというので、

はじめ断ったけど、結局乗せてもらった。

そして、滞在中100万回きいたJとバリの人との会話がスタート。

「Where are you from?」「I'm from England,but live in Japan」

「Do you speak Japanese?」「Eh..a little bit」

J君は日本語話せるのかの質問が嫌いがまん顔(なら、ちょっと勉強すりゃいいんだけど)

スーパーでは、Jのお釣りのなかにアメが。

つり銭に超安いコインの代わりにアメをくれるときいたけど、やっぱりそうか。

子どものおだちんとかじゃないんだからねぇ。それで、OKなら良いと思うけど。

もし日本でコンビニとかで5円のつり銭の代わりにアメくれたら、

何人の人が納得するんだろう。。。


s-DSCF0933.jpg

0 Comments

Leave a comment