SLUMDOG MILLIONAIRE

bladerunner.jpg

久しぶりに映画館に行った。

時間があったから、日比谷ウロウロ。

ひときわピンクな気恥ずかしい建物がと思ったら、

MARVEROUS CREAMって、アイスクリーム屋さんだった。

甘いものいきたい気分だったので、じゃっかん恥ずかしいながらも入ってみた。

COLDSTONE CREAMERYだったか?あれとノリは同じ。

器のワッフルが絶妙で、美味  marvelous cream



ベンチでぼーっとしてら、うろついてたJがよってきて

『あっちにHAND PRINT(手形?)があるんだけど、

真ん中に1つGOLDでピッカピカしてるのがあるの、誰だと思う?』

どこの人? 『韓国。』 - なら、ヨン様でしょ。 『正解。』

何より、その下にスタローン、その横にトムクルーズってのが納得いかないらしい。

まぁね、わかるよ。

Jのとトムさんの手と比べてたみてと。同じ大きさだった。

ふ~ん。可もなく不可もなく。


時間がきた 「SLUMDOG MILLIONAIRE」

悪い意味ではないけど、アカデミーっぽくない映画だな。

Jの友達、いい大人のBが号泣したらしい。

良くできたいい映画だったし、最後の盛り上げ方も良かったけど、

泣かなかったな、私たち。

インドのホームレスの子供たちの過酷さったら半端ないな。

悪い大人がそんな子供を捕まえて、同情をより引くために、

目を潰して盲目して街で歌わせたりする。

Jがインドを旅していた時、(同情のお金をもらうため)実際指を切り落とそうと

血だらけのホームレスを見たことがあると。

強かったんだね、J君。

今は、映画でもそんなシーン目伏せちゃうのに。


有楽町界隈ってほんと不思議なところだ。

ちょっと行ったら高級ブランドショップが立ち並ぶ街だとは思えない昭和の香り。

ガード下に並ぶ焼き鳥屋さんとその外で飲んでる人の群を見て、

『ブレードランナーって映画見た?』

言いたいことは、わかる。

あの未来都市ってこんなとこあったよね~。


0 Comments

Leave a comment