何ランドなんだ。

あひるんるん カフェモカ


千波湖ちょこっとお散歩した後、

フレンチレストランでランチ。奇妙な野菜に出逢う。かわいい。

Jが聞けっていうんで尋ねてみると、

マイクロトマトだって。s-マイクロトマト

へぇ~。プチ以下。今度はフランス人ではないのね。

めずらしくJも納得したネーミング。



日常の喜び ~ Happiness in Everyday Life 展 @水戸芸術館

http://www.arttowermito.or.jp/art/modules/tinyd0/index.php?id=4

見てきた。ちょっと気にはなっていたんだよね去年から。


入口に倒れたトラッシュ缶に向かって倒れた扇風機が回っていて

中でプラコップがコロコロ音立ててるだけっていう。。

楽しい予感…

で、すぐ映像作品。ガイベンナーって作家の妻子総出で

IKEAみたいなインテリアショップの展示内でゲリラで家族ドラマを勝手にやって、

それを撮ってるっていう

パジャマ着てベッドで、

「あなた、あの子が心配で眠れないのよ」「もう俺は寝たいんだよ

結構シリアスドラマで笑える。

でも、そこら中値札付いてるし。たまに客カートで横切るし。


靴脱がされた。入ってみると、真っ白な世界。

よく見ると、ふわっと浮いた感じの植物の絵が。

絶滅種の植物を特別な粉で描いてるそうである。

だから、上歩いたりしたらふわっと消えちゃうわけさ。 儚い

あと、タオルの山に糸みたいに細い何かで作った鉄塔で表現したミクロな風景とか。儚い

こういうもの哀しさ、魅かれる

その向こうに見えてる超ハイテンションな世界

J絶対心の中でずっとキランだったであろう巨大サッカーゲーム。

控えめにこっそりやってる、なぜか。

その横に同じく参加型アート 自転車こげるようになっており、 こぐと、

その周りにあるレールの上をおもちゃの自転車野郎がぐるぐる周るっていう…
 
面白くて調子乗って、息あがる


はい、次。これ~。有名な日比野克彦作品。

こんなに私タイプだとはしらなんだ。結構好きこの方の作品。


梅佳代さんの写真。さほど大お気に入り大会にはならなかったけど、

同じ匂いを感じるというか、撮りたいなって思うツボ(笑のツボ?)がちょっと似てる気がした。

Jが見てみぃってプチ盛り上がりだったのが、

いい大人がコントみたいなかっこして湖の前で写真撮ってるだけやんって思ったら、

その奥に、全く同じ構図(洋服も)の20年位前の家族写真-おばあちゃん、父母、お子兄弟。

大人になった兄弟がビスコ持って、半ズボンっていうのがポイントだわね。

こんなん自分でやったら面白いかなぁ。凹むか。


そして、てくてく角を曲がると広がるおもちゃの森

これすごい ドラえもん、キティ、バズ、ミッキー何でもいいけど、

それぞれの顔が連続でとにかくガーーーーーって、ぐるぐるって、広がってる 。

3才児とかにしたら、いったい何ランドなんだっていう(笑

マックとかの景品らしい。これもちょっと考えさせられるよぅなね。

s-DSCF1552.jpg

ところどころはしおったけど、まこんな感じ。

最後に見た企画おみやげ「チーズ納豆・なっちぃ」の

キャラがやばくて、これ公共の場でいいんだろうか。。

子ども泣かない?口から糸引いてんだよだって。キャラなのに。

どんなにとかあしらったって騙されないだろう?

キモかわいいというんですかね、これ。

0 Comments

Leave a comment