You can’t say that !とただの木

大忙しになっちゃった土曜日。


夜、J友夫婦と飲むことは決まっていた。

ので、それに間に合うようにすべてを終わらすぞ

まず、すでに買っておいたJ一家へのプレゼントに、

ルピシアのお茶を+したくて、買いに行く。

缶かんが可愛いぞ~  でも、お茶テイスティングするといまいち納得いかず難航…。

茨城の花水木のが私は好きかも。

どうにか決めて、スーパーで明日のためのお買い物。

クリスマスディナーを作るとはりきってくれている

けど、そんなの普通のスーパーになかなかありませんっていうか、

日本語でなんて言うのかさえわからんから

お店の方に訊くことも不可能っての続々飛び出す。

PARSNIP? CHUTNEY?

SPURAUTS?(芽キャベツ)はかろうじて発見っ

クランベリーソースは?』

なんで?どうしてもそれじゃなきゃ駄目なのかい?

『X'masには皆クランベリーソースをチキンとかにかけて食べるもんだろー』

知らんがな。

結局諦めて、クリスマスのデコレーションを何か見繕うことに。

時間がない。mmm…

いまいち納得いかない中に、一本の¨ただの木¨を発見。

そのただの木っぷりに私が吹き出すと同時に J 爆。

面白いというだけでそれを買うというので、

時間もなく、それ買って撤収 → 木


そのまま郵便局へなだれこむ

カウンターで各種ビニール袋やらカードやらばらまいて、これ全部入る箱くださーい

明らかにクリスマスプレゼントを出すのが遅すぎて焦ってる人々。


ともあれ。P&Nちゃんに久々の再会

聞けば。彼らはクリスマスには何んにもしない、まったくの普通の日だと。

同じイギリス人だのに、こんな人もあんな人もいるもんだ。


この日の朝か。

クリスマスにWiiを買ってみるというのはどうかねっと話していると。。

『Nintendo Wii ってどうなの

You can’t say that !だと。

あ。 確かに。

ウィーとはおしっこの意味でした。


You can’t say that !!で、あとひとつ。

Jとある日本人の方の会話。

「What does he do?」 (彼、なんの仕事してるの?)

「He is a cock.」 (コックさんだよ。)

- YOU CAN’T SAY THAT!! 

Cock は、結構気まずい。。 

0 Comments

Leave a comment