こぐま~ 曳舟

前回の道のりを経て、

ギャラリーカフェ・こぐま に着いた。

こぐま 外観 こぐま 時計
  これまたかなり古い建物。

あとから、読んだ記事によると赤線地区だったと。

赤線ってなんだ と調べると、

合法でのピンク街ってものらしいです。

こぐま ケーキ   

このカフェも昭和2年の建物で、娼屋だったらしい。

お店を出てぼーっと歩きだすと、

Jがてけてけ戻ってカフェの扉を閉めてくれた。

自動ドアに慣れてしまって、すいません

J 『こういうドア閉め忘れた人は、Were you born in a barn?って言われちゃうんだよ。』

なんで

納屋で生まれたのか?って意味だけど、

納屋は、開け閉めする扉がないからだって。 なるほど。

こぐま 葉 こぐま 展示

ちなみに、オカンには 「 しりぬけ (詳しくは、しりぬげ) 」

または、 「 けつぬけ (詳しくは、けづぬげ) 」とよく言われたもんです。

これ標準語ではないんでしょう、きっと。茨城弁、準1級レベルなんで。。。


帰り道、看板でひらがな遊び。

あれは? 『 ヨ、キ、ト、リ。』 惜しい。 やきとり。

面白そうな言葉発見 、 ” ひったくり ” 。

これは? 『 ヒッタクリ。 』

 そこは、ちゃんと間違えようよ、空気読んで

ご機嫌ななめになりそうなので、我慢してやめる

自分も英語でこんなんされて笑われたら、嫌なのわかってるのに、

つい面白くてやってしまう。。。

友達の友達が参加してるというガーデニングショウをちらっと見たついでに、

POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ) てベーカリーに行ったんだけど、

「パン バー」 だって。 なんなの、パン バー

お洋服のショップのような店内とシステム。

注文からしてちょっと恥ずかしい…(まず、心ん中で復唱、何事もなかったように、)

「マス ケ ブエノとぺトンクル下さい

いかにも東京がやりそうなことだ。高くて、まずい。

って、期待しないで食べたら、お~いすぃ~


週末、どこかの駅で修悦文字を見た。  日暮里駅でない駅で見たの初めて。

修悦さん、現場移動したんだね。 がんばれ☆

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/09 (Sun) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment