シャッターにバーン!

下町にやってきた。 向島井戸

目的地に向かって細い路地を歩いていると、

J 『 おじさんが、倒れたよ』    

前方10mほど先をよーく見てみると、

自転車が横倒し&その脇に横たわった足が見える…。

『LET’S GO TO HELP」』

Jにはいつもどうしてこういう事が起こるんだろう?と思いつつ、

一緒に走る (↑なんならちょっと嬉しそうなのは気のせい?)

『ダーイジョブデスカ?』 と手を差し伸べる J 。

(即行)「ダメです。」 (え~)  

「あぁ、はは。大丈夫大丈夫。ココ私の家だから。ありがとねぇ。」

酔ってる風。

でも、おっちゃんの眼鏡はずれ、

激突したシャッターの前にあった自転車にも激突して、

それにジャケットひっかかってトラップ状態の小動物みたいになってるんだけど…

しかも、ココが家でも、そうじゃなくても、あなたは立ち上がれるのかい?

何度か手を差し伸べても、「大丈夫。」とういので、放置。

向島べろ猫


J 『きっとさ、毎日ああなんじゃないの。外で、ドーンって聞こえたら、

奥さん 「 あ、旦那 帰ってきたわ 」って、ケトルを火かける とか』

または、自転車の止め方ができず、毎回あれが彼の自転車の降り方…か

妄想話をしながら振り返ると、おっちゃんまだ地面にいたまま

どっかのおばちゃんに話しかけられてる (笑

で、なぜ下町にきたのかはまた後で。 

0 Comments

Leave a comment