マイ・ゴールデンエイジの見つけ方

最近、日記に書けるような新しめのDVDをいくつか見たよ。

              

マイブルーベリーナイツ[My Blueberry Nights]
 
単純恋愛ものっぽかったので、英語音声:英語字幕でがんばる。

ウォンカーワイ監督が好きなわけではないけど、

ジュードロウ出てたから~。

いつもハゲハゲ言う友達が今回はハゲてなくてかっこ良かったよ~って。

だから前からかっこいいって言ってるじゃないの。

前ほどではないけど、でもやっぱりあの声であのアクセントには、ニヤついちゃう

内容は何とも。。。全体に古臭い感じがしたな。

N.ポートマンとR.ワイズがかっこよかった。

最高の人生の見つけ方[The Bucket List]

ん~。Jが選んできたから見終わったら謝ってた

JニコルソンとMフリーマンでは期待してしまうわね。

J曰く、ショーシャンク以来、Mフリーマンをナレーションにして語らせる映画多くない?って。

そうかも。 もっと良い映画にできたんじゃないかなって気がしてしまった。

っていうか、最近、「~のための」とか「~方」「~の方法」とか「幸せの」とかいう邦題多すぎ

エリザベス:ゴールデンエイジ[Elizabeth:The Golden Age]

はい、これが見たかったの。最初のエリザベスが良かったし、Kブランシェットも好き。

冒頭で音声無いとこで、日本語字幕だけがちらりと流れ。

J 「What’s happening?」連呼。 歴史の説明だよ。

「I don’t remember the history!」そだよね。

私の日本史も鳴くよウグイス平安京といい国作ろう鎌倉幕府なみだもん。

スペイン無敵艦隊のシーンなんかで「Go、England」て盛り上がってるJだった。。

物語に出てくる人物を得意のWikipedia しまくって、面白かった。

今歴史勉強したらもっともっと面白かったんだろうなぁ。

それはどの教科にも言えることだけどさ。

「ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl)」もすごく見たいな。

そうJに言うと「Say it again?!」と何度も言われ、にやり

発音違うんだろう面白がってないで、教えてくれよ。

どうやらブーリンでは通じないらしいですわ。

0 Comments

Leave a comment