SWANKY バーニャカウダ

いつかDTの松ちゃんが、

バーニャカウダって連呼してたような気がするんだけど…

思い出せない

で、そのバーニャカウダを初めて食べた。

バーニャ


バーニャカウダは、

生の野菜 - マッシュルーム、きゅうり、ラディッシュ、

キャベツ、オクラ、ナス、初めて見た四角豆なんかを

あったかソースにつけて食べるだけの代物なのだけど、

これが旨いのだわ

これまた初めて生の花も食べたのよ

食べられると言われても 、

好奇心で、遠慮がちに花びらをちまちま食べて終了モードに入ってたのに、

お店の人が全部ぱっくりいっちゃって的なことを言われてしまい、

食べたくなかったけど、あまり気が進まないまま、パクリ。

これ、オクラの花だったらしく、(最初からそう言ってたんだろうけど)

ねばねばでオクラの味だった。

Jが、この野菜は普通にスーパーに売ってるのと同じでしょ?と言うので、

んなわけないじゃん!と突っ込んだが、

店員さんがきたついでに聞けというので…、

「あのぉ、このお野菜は普通の八百屋さんとかから来たものではないですよね

「いえ、12時に閉店した後すぐ、

提携してる農家に電話しまして、次の日の朝収穫したものをその日にお店に…」

そうだよね、当たり前じゃん。

こういうお店がそういうところにこだわらなくてどこにこだわるのっ話だよ。

本日のスープが、「ビーツでございます。鮮やかな赤い色で…」

今、ビーツって言ったなんじゃそれ、知らん。

Jに、ビーツとかなんとかいう赤い野菜知ってる?と聞くと、

「Ah, beetroot」 あ、そう。わかったのね。

来てみて、びっくり うわ、赤っ。 っていうか、ピンク

どピンクのスープ。メインは、Jがラム、私は二ョッキを食べた。

どピンクスープ


その後、SKYPEで代わる代わるイギリスの家族全員とおしゃべりしてたJは毎回、

今日はSWANKY RESTAURANTに行ってきたと説明している。

SWANKYなレストラン=INGIDOさんでした。

0 Comments

Leave a comment