カーレスキュー、神。

今週の私は、近年まれにみるへこみっぷりで、

胃痛の絶えない1週間

なので、先週末のイベントのことを書く気にもなれなかったのだけど。。。

Jの友、Gの自称:ギター1本ヒッチハイクの旅♪

の締めくくりに、私の故郷近くのビーチでの地元イングリッシュパブ主催のライブに参加

この日のJは、お土産(Jの言うMr.Miyagi)にもらったビーフジャーキーを食べたせいだとか何だとか

で、見ていて可愛そうなくらい絶不調

そんな中、ビーチ近くの単線田舎列車の無人(だったか?)駅に

貸切状態で、バックパックとギター背負って1人降り立つアメリカンなG。

なんなら、電車で田舎のおばちゃんに強烈な訛りの日本語で話しかけられ、

カタコトで返しながら、延々につじつまの合わない会話を続けるGとか想像して笑う。

beach gig


友達が来てくれて、ずっとおしゃべりしていると、

前に通っていた英会話スクールの先生が2人

な、名前がまったく思い出せない…

でまた、友達が「ラピュタにでてくるDORAと、もう一人は、アルシンドに似てるね~」

(アルシンドって

あぁ、もう、そうとしか見えない。

まいいか。絶対私の名前なんか覚えてないだろうしさぁ...と声をかけた瞬間、

DORAがWOW~と私の名前を絶叫。HOW ARE YOU DOINGと。

あちゃ。でも、思い出せず仕舞い。


夜中12時だというのに、泊まるところも、移動手段も何もないのに、

大丈夫だと言うGを置いて、私たちは寝床へ帰る

事件は、翌朝

鍵がない。私の家と車の鍵…

ビーチに車を置いて近くのホテルに泊まったのだけど、

確かに車を離れる時には、ロックしたのを確認

ビーチとホテル見尽くしたのに、出てこない。ありえない

結局悩んだ末にカーレスキューに電話。

開けてもらいーの、車内にあるかもって望みも海の泡と消え。。。

それが!今って(昔から?)すごいのね 。

20分くらいで、その場で鍵複製しちゃうんだよ、これ。

このおっさんただものじゃないね。

カーレスキューなんて素敵なシステム。

でも、落ち込んでいたのは、このせいではないんだけどね。

と言うより、落ち込んでぼーっとしていて、この失態か。

ただ、酔っ払ってたせいってのもありありだけど。

次の日には、運転中、アブの襲撃に合うし。パニック

なんなんだよぉ。

0 Comments

Leave a comment