Why Does It Always Rain On Me ?
Cafeと写真とお笑い好き雨降らしのつぶやき・イギリスから来たJやんとの日常・・・におこるオモロ話やらギャップ話。             巡り巡ったcafe紹介など。 ↓ 写真集リンク                         
岩合さんの、プロフェッショナル~仕事の流儀
岩合光昭さんの「プロフェッショナル 仕事の流儀」。

録っておいたの見終えた。
177-3(1).jpg
ここ何年かの猫ブームと「ねこ歩き」で、

猫ばかり撮ってるおじさんの印象強くなってるのでは?

の岩合さん。

猫も可愛いけど、

他の野性動物の写真のほうがインパクトあって好きで、

感動さえするので、なんだか寂しいと思う今日この頃。


猫撮影してる岩合さんをずっと追ってる冒頭は、

これちょっと最後まで見るの時間かかるかも

(飽きて、何度かに分けるパターン)と思ったけど、

中盤から俄然面白くなった。

まず、岩合さんのお父さんが

日本初と言われる動物写真家だったと知らなかった!

ライオン等の野性動物の食物連鎖の決定的瞬間を

ずっと狙い続けて撮れない日々の続いたある日、

キリンの草食べてる姿の美しさに目を奪われて、

動物の日常を撮り始めたというエピソードも素敵な話だなぁ。


「人と人もそうですけど、

違いを認めてあげることが一番大切じゃないかなと思うんですよね。」

一番印象に残った言葉。

結構難しいことだけど、

世界中の人々全員がこれをできたら、

それは平和につながることなのかもしれないなー。

猫は平和的な動物(単に好きってのもあんだろけど)。

そんな猫を世界中で撮り続けているのだね。

ボスニア・ヘルツェゴビナをおとぎの国として撮る

(破壊的なところじゃなく)っていうのも

すごい、なんか分かってるよねぇ的な(笑) 。
177-3(2).jpg
なんかさ。

数年前に見た岩合さんの写真展で。

追止めなければならない温暖化・環境の悪化、

絶滅していく動物の話をダイレクトに表現していて。

長い間、世界中を撮り続けてきた目、だからこその説得力やその考え方が

画像と共にわかりやすいし、かっこいい。


でも、なんで最近、猫ばかり? と訝しがっていたけどさ。

「この動物とか自然が 今 残ってることが とてもすばらしいことじゃないかと

それを保たなきゃいけないということを言っていきたいな。 」

って、やっぱり主張したいとこはそこなんだねぇ、と思う。


キレイな夕日とか、小鳥のさえずりとか、木々の匂いとか感じるたびに

私もいつもそう思うよ。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/07/12 21:53】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
村松亮太郎×枡野俊明 SWITCHインタビュー
1611-5(1).jpg
「SWITCHインタビュー達人達」がすごい面白かったんだけど、
録画したのをもう1回また見てしまった。

1611-5(2).jpg
2012の東京駅のプロジェクションマッピングの作家
村松亮太郎×
庭作り師でありながら禅僧でもある
枡野俊明。

あの東京駅のはインパクトあったもんなぁ。
すっごく見に行きたかったのに中止になって。よくおぼえている。

1611-5(4).jpg
たまたま番組表の内容だけ読んで、なんとなく面白そうで何も知らず録画したら、
まず、村松さんがイケメンすぎてびびる。
天、二物与えすぎだろ。
いわゆる芸術作家でこんな顔面初めて見た気がする。

空間をデザインするっていう共通点だけで、全然関係なさそうなのに、
お互いの仕事場(お寺・庭とプロジェクションマッピング作品)を訪ねて
お互いの考え方やらを話している間に、
いくつも共通点を発見していってて、
その過程なんかも見ていてほんとおもしろかったなぁ。
村松さんの考え方が、
固定概念を外して行くっていう禅的な考え方に結びついたりとかね。

1611-5(3).jpg
枡野さんが庭がものすごく好きだった和尚として例にあげた人が、
枡野さん本人に、くりそつすぎ。 しかしノータッチで過ぎていくEテレ。
庭園って、こんなにストーリー性考えて作られてんだなぁと感心。
ヨーロッパ庭園との違い、完全を超えた不完全の美しさ、
枯山水のひき算の考え方とか、庭園というのを見る目が変わった。

表参道ヒルズのSWEETS by NAKED展の宣伝で、
村松さんは、最近、よくテレビ出ているなぁ。
なぜ今出始めたんだろう。っていうか、前から出てたけど、
気付かなかっただけなのか。

今、投影するだけでなく、空間自体を作ることに興味おありみたいだけど、
パブリックスペースを非日常にっていう建物投影のが
私的にはすごく見たいなぁと思うけどなぁ。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/12/10 18:00】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
Don't follow the wind ・・・
Chim↑Pom (アート作家集団?) 好きなので。

彼ら発案の展覧会 『 Don't follow the wind~ Non-Visitor centre 

を見に青山までおでかけ。

1510-2(5).jpg

『 Don't follow the wind 』 は、

世界の12アーティストが福島の帰還困難区域内の民家とかを借りて作品を展示していて、

封鎖が解除されるまで見に行けない展示。

1510-2(6).jpg
音声ガイドを聞きながら、ガラス越しに遠くに見る展示物。

この東京の展示でもうちょっと内容見れるかと期待したけど、

そうでもなかったのでちょっとがっかり。

彼らにとっては多分見せたら意味がないのかもしれないけど。

1510-2(7).jpg
帰還困難区域の街中ライブ映像。
1510-2(8).jpg
― と、人であふれかえる東京。


解除される日は5年後かもしれないし、30年後かもしれないし、

もう世代が代わっているかもしれないし、アート自体が朽ち果ててるかもしんないわな。

でも、それがそこにずっと存在してるんだってことを

人々が想像することが大事ってことなんだろうかと思う。

1510-2(9).jpg
エレベーターで、ぎょ・・・

Chim↑Pom 紅一点のエリィってほんと何者なんだろ。

話し方がギャルすぎるのが気になって話がはいってこない時あるわ(´・ε・`)


ある意味こっちを見たほうが内容がよくわかる気がする。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/10/12 22:57】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
急に、土祭 in 益子(その2)
「『真昼の暗がり、少年たちの詩学』midday gloom, poetics of a boy」
159-4(40).jpg
写真でちょっと見て一番見たいと思っていた作品。

ちょっと迷ってたどり着いた酒屋さんの裏の古家。

「こちらです、どうぞどうぞ」的な受付の優しいおばちゃんとは、

なんか結びつかないこの佇まい。 
159-4(42).jpg
この場所にいるっていうのが異様な雰囲気で。

すごい好き。
159-4(41).jpg
ここ2階で、他にちょうどお客さんがいないくて、一人でしばし眺めていたんだけど。

怖いんですよ。 目覗き込んだ時一瞬ぞっとした。
159-4(43).jpg
2階の窓から見える朽ち落ちた蔵?の屋根。
159-4(44).jpg
159-4(45).jpg
わー、いる~~。 怖い。 でも、すごくいい。

怖いシリーズ。

薄暗くなってきたので迷ったけど、神社の作品へ。

階段上がったら受付のお兄さんがいた。よかったー。

お兄さんもお客さん誰もいない時ちょっと怖いらしいよ。

作品は神社よりさらに上がった丘で、疲れてたからどうしようと思いつつ上がって。
159-4(46).jpg
坂に点々とある鏡・・・

159-4(47).jpg

太平神社先人の丘(タイトル不明)
159-4(49).jpg
丘の上には、ばばーーーん。 キラキラ(*´∀`*)ノ。+゜*。
159-4(48).jpg
蚊に一気に3,4箇所いかれた。

両手でカメラを向けてじっと撮り続けてた時、刺されてる感触あったけど、

どうしようもなく放置。。。

神社を離れて急いで移動。日が沈むよーー。

受付に座っていたおじいちゃん2人とおばあちゃん1人の3人組がいい感じ。

蚊に刺されたって話してたら、「ムヒ塗ってぎな~」って。

小屋プロジェクト「風景を切り取る小屋」
159-4(51).jpg
おじいちゃんが 「落書きできっから、描いてきなー」っと言ってた小屋。

159-4(52).jpg
白いところに切り取った景色のタイトルを書けるのだけど、

関係なく、土祭の感想やらもいろいろ書いてあるよ。
159-4(50).jpg
この丘の上で親子がずっと遊んでいると思ったら、

帰り際「ありがとうございました~」と聞こえた。ので、作家さんだったんだね?!

また大急ぎで移動。

「雲のゆくえ」
159-4(53).jpg

ここで打ち止め~。

沼のほうにある作品に向かって歩いてるとこで時間切れ。

スタッフさんが一人すたすた沼方面から引き上げてきて、

ハンコだけ押してくれた。

159-4(56).jpg

激空腹で、夕焼けバーによる。 水餃子を益子焼であろう器で食べて、

うまかったなぁ。

土祭にかけて、流れ星よんで、ひじ神様のネタやってもらうとかいう

しゃれをいつかやってくれないかなぁなどと思いながら帰る。。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/10/02 22:47】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
急に、土祭 in 益子(その1)
159-4(55).jpg

益子に時々、古家具を見に行っていて。

そろそろまた行きたいなと思っていたら、なにやら【土祭】なるもの開催中。

半信半疑でちょっと調べてみたら、どうやらアートフェス的なところもあるもよう・・・

見たい。

って、ことでいきなり決めたので一人アートフェス巡り。

「木の葉の灯り」 
159-4(54).jpg
うえのカゴのやつ玄関とかにあったらかわいいなあ。

「植物の可能性」
159-4(31).jpg
 たしかに踊ってますな。
159-4(32).jpg

仁平古家具店などものぞきつつ、アートに戻る。

「世界と私/風が吹くと木の葉が騒めく」
159-4(35).jpg
ここはかつてパン屋さんだったらしい。ステキだったろうねー。
159-4(33).jpg
お庭にも作品。
159-4(34).jpg
でも、蔵のなかになぜかうんち。

「Under One Sky」

作品よりも田んぼの中に作った道の落っこちそうな狭さがインパクトっていう。
159-4(36).jpg
赤トンボとしおからトンボが赤と青でかわいかった。

「益子の原土を継ぐ」
159-4(39).jpg
陶芸メッセ内の旧濱田庄司邸っていう。古民家だね。

台所とかトイレとか風呂とかも見れるけど、超旧式だった。
159-4(38).jpg

159-4(37).jpg
これは、えぐい。

どんな虫でも実際このサイズでドアくっついてたらと思うと・・・えぐいわー。

To Be continued

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2015/09/29 22:36】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

rainmaker

Author:rainmaker
ほぼ備忘録のノリ。
お気軽にどぞ。

写真…撮影も見るのも好き
たまに、絵…旅に出た時の主におもろ点を記録のため描き描き。

写真集や本を出せたらなぁというのが秘かな夢。

Cafeが好き…特に、古民家カフェ。

動物( 鳥、たまに虫含む )が好き…

カラスさえ見てると飽きない。最近、アルパカ、しろくま、鹿にときめく。

お笑い好き。英語好き。RADIOHEAD好き。

My Gallery作品集 リンク ↓

写真集リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ヨロシクオネガーイシマス。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター