Why Does It Always Rain On Me ?
Cafeと写真とお笑い好きの雨降らし。イギリスから来たJやんとの日常におこるオモロ話やらギャップ話、 巡り巡ったcafe紹介など。
高円寺でChimPom ~ 道が拓ける
「道が拓ける」展 by ChimPom
一人で行く気だったけど、Jやんに付き合ってもらう。
178-4(31).jpg
ほぼ廃墟。あがる
178-4(32).jpg
24時間OPENのChimPom通り。
(ちょうど、マンホールが・・・)
この奥に展示の入口あり。
178-4(36).jpg
SUPER RAT。本物のネズミの剥製のピカチュウ。
178-4(37).jpg
ここにネズミが本当に住んでたらしい。
178-4(38).jpg
の時の映像。
178-4(39).jpg
躍動感!にゃー。
178-4(40).jpg
キタコレビル(このビル)だね↑
178-4(41).jpg
ミニ渋谷。
178-4(42).jpg
いい感じ。
178-4(44).jpg
風俗嬢みらいちゃん、ここに眠る。
178-4(43).jpg
新宿での「明日も見てくれるかな?」展で描いたみらいちゃんの絵が
キタコレビルが全面改装または解体されて発掘される日まで、
ここに。定礎。
178-4(45).jpg
PARCOだよね。
178-4(46).jpg
階段を上ったり降りたりしながら、
今度は地下へのはしご・・・
の先に、トレインスポッティング思わせるようなトイレ。
178-4(47).jpg
新宿の時の解体ゴミ。
178-4(48).jpg
このトイレの前にはしごがあって、天井に穴が。
そこが出口となっており。
Jやんのリュックが挟まって出られなくなるというアクシデントw
178-4(49).jpg
はい、出た!
このマンホールが最初の道の写真のところ。
おもしろ!
展示見るのにちょっとボディサイズの制限はありますな・・・。
178-4(33).jpg
フォトジェニックな壁が続きますこと・・・
178-4(34).jpg
178-4(35).jpg
ChimPomを嫌う理由とかをたまたま来る前になんかで読んで。
まあ、それもわからなくはないなぁ・・・
なんて思ったりもしたけど。
展示を見ると、やっぱ好き。
わくわくとダークさの加減がもうちょうどいい。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/08/29 21:58】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
TOKYO ART CITY by 村松亮太郎
イケメン村松亮太郎率いるNAKEDのTOKYO ART CITY
を見る。
178-4(23).jpg
入ってすぐ都庁↑ 新宿の街。

しょぼい田舎のプロジェクションマッピングを去年から
何度か見てきて、一流の見たくなったのだけど。
178-4(24).jpg
小さい東京の街。
178-4(26).jpg
手を近づけると、スプレイのようなの出てきて、
壁にラクガキができる。
TEAM LABOみたいな。
178-4(27).jpg
花火キレイ。
178-4(28).jpg
東京ドームのミニチュア。リアル。
車が走ってる道路のリアル感好き。
178-4(29).jpg
東京タワーでやってたイベントのミニチュア版ですね、多分。
展望台の窓に映像を映して、
夜景とコラボするやつだった気がする。

で。
私が一番見たかったのは、2012年に大混雑で途中で中止になった
あの伝説のリニューアル東京駅3Dプロジェクションマッピング!
の。
縮小版(・ω・`)。 縮小版でもきっといいはず( ‐ω‐)b
と思ったんだけどねー。
やっぱちょっと。本物だったらどんなにか凄いだろうという気持ちが
ずーっと続くよね、見てる間。
しかも、リニューアル時のじゃなく、ミチテラスん時のだって。
というわけで、私が見たのは、これの縮小版。

と、リニューアル時のやーつ。

そして。この会場では。
15分おきくらいかな?光ダンサーさんがパフォーマンスしてくれる。
なにやら、EXILE・HIROプロデュース的な。


178-4(30).jpg
踊ってない時。 接客中の光さん。
写真を一緒に撮ってもらったよ。
178-4(25).jpg
出口にはお台場~。

ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/08/26 16:50】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
サンシャワー ~ 東南アジアの現代美術展 1980年代 から現在まで@森美術館

178-4(3).jpg
ドラえもん展・・・@六本木
ではなく(ヒルズの入口にあって大盛況)。

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代 から現在まで@森美術館
178-4(22).jpg
入口にいきなりぶら下がり象。
178-4(4).jpg
音声ガイドを無料でお貸出し。それに気を取られて、
パンフとかなかったのか?と今気づく。
時間があったから見に来た程度の熱だったため、ざっくり。
178-4(5).jpg
ジャカルタの古い看板を回収して、
変わりに新しいの制作するよ、のプロジェクト。
178-4(6).jpg
「天使の小屋」
178-4(7).jpg
ハイウェイの拡幅工事のために真っ二つに切られてる家の
たくさんの写真が。
解体じゃなく、切るってどういう感覚?とか思うけど。
178-4(8).jpg
「でたらめ」って意味の嘘ブランドの製品。
インドネシアの国家の安全基準を皮肉ってるらしい。
178-4(9).jpg
「言葉と動きの可能性」バイクに手袋・・・人はいない。
カラフルで撮りたくなる作品。
178-4(10).jpg
「マオ・ケー炭鉱プロジェクト」”スチームライスマン”?
よく見たら、米~。
石炭と米、白と黒。
178-4(12).jpg
178-4(11).jpg
陶器でできておる。
178-4(13).jpg
178-4(14).jpg
これに、心奪われる~。意外に冷静の顔だった。
178-4(15).jpg
色あいがいい。
178-4(16).jpg
バン・ニャット・リン「誰もいない椅子」。
結構喰い気味に見た作品。
この椅子は元・南ベトナム軍機の操縦席。
映像の2人のおじさんは、それぞれ南ベトナム、北ベトナムの元・兵士。
お客さんとひげを剃る美容師。
178-4(17).jpg
カンボジアのアーティストの写真。
ベトナム戦争の時、アメリカに落とされた爆弾の穴の池だそう。
178-4(18).jpg
作品どうのより、字がキレイだなぁと。
翻訳を読んでも、どこがどうなってそういう意味になるやらわからんけど、
言語のデザインがキレイ。そして、
書いた人、お前字うまいよねって言われてそう。
178-4(19).jpg
「 もうひとつの物語」
178-4(20).jpg
1940年代にマレーシアで起きていたことを表現・・・
当時をしっている地元のおじいさんのお話が生々しくて興味深かった。
けど、もう披露と館内の寒さで限界を迎えそうないきおいで。。
178-4(21).jpg
「荒れそうな空模様」 
風鈴の音でしめ~

明るく楽しめるような展示ではないけど、
私は好きなタイプのテーマ性でしたな。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/08/23 22:25】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
岩合さんの、プロフェッショナル~仕事の流儀
岩合光昭さんの「プロフェッショナル 仕事の流儀」。

録っておいたの見終えた。
177-3(1).jpg
ここ何年かの猫ブームと「ねこ歩き」で、

猫ばかり撮ってるおじさんの印象強くなってるのでは?

の岩合さん。

猫も可愛いけど、

他の野性動物の写真のほうがインパクトあって好きで、

感動さえするので、なんだか寂しいと思う今日この頃。


猫撮影してる岩合さんをずっと追ってる冒頭は、

これちょっと最後まで見るの時間かかるかも

(飽きて、何度かに分けるパターン)と思ったけど、

中盤から俄然面白くなった。

まず、岩合さんのお父さんが

日本初と言われる動物写真家だったと知らなかった!

ライオン等の野性動物の食物連鎖の決定的瞬間を

ずっと狙い続けて撮れない日々の続いたある日、

キリンの草食べてる姿の美しさに目を奪われて、

動物の日常を撮り始めたというエピソードも素敵な話だなぁ。


「人と人もそうですけど、

違いを認めてあげることが一番大切じゃないかなと思うんですよね。」

一番印象に残った言葉。

結構難しいことだけど、

世界中の人々全員がこれをできたら、

それは平和につながることなのかもしれないなー。

猫は平和的な動物(単に好きってのもあんだろけど)。

そんな猫を世界中で撮り続けているのだね。

ボスニア・ヘルツェゴビナをおとぎの国として撮る

(破壊的なところじゃなく)っていうのも

すごい、なんか分かってるよねぇ的な(笑) 。
177-3(2).jpg
なんかさ。

数年前に見た岩合さんの写真展で。

追止めなければならない温暖化・環境の悪化、

絶滅していく動物の話をダイレクトに表現していて。

長い間、世界中を撮り続けてきた目、だからこその説得力やその考え方が

画像と共にわかりやすいし、かっこいい。


でも、なんで最近、猫ばかり? と訝しがっていたけどさ。

「この動物とか自然が 今 残ってることが とてもすばらしいことじゃないかと

それを保たなきゃいけないということを言っていきたいな。 」

って、やっぱり主張したいとこはそこなんだねぇ、と思う。


キレイな夕日とか、小鳥のさえずりとか、木々の匂いとか感じるたびに

私もいつもそう思うよ。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/07/12 21:53】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
村松亮太郎×枡野俊明 SWITCHインタビュー
1611-5(1).jpg
「SWITCHインタビュー達人達」がすごい面白かったんだけど、
録画したのをもう1回また見てしまった。

1611-5(2).jpg
2012の東京駅のプロジェクションマッピングの作家
村松亮太郎×
庭作り師でありながら禅僧でもある
枡野俊明。

あの東京駅のはインパクトあったもんなぁ。
すっごく見に行きたかったのに中止になって。よくおぼえている。

1611-5(4).jpg
たまたま番組表の内容だけ読んで、なんとなく面白そうで何も知らず録画したら、
まず、村松さんがイケメンすぎてびびる。
天、二物与えすぎだろ。
いわゆる芸術作家でこんな顔面初めて見た気がする。

空間をデザインするっていう共通点だけで、全然関係なさそうなのに、
お互いの仕事場(お寺・庭とプロジェクションマッピング作品)を訪ねて
お互いの考え方やらを話している間に、
いくつも共通点を発見していってて、
その過程なんかも見ていてほんとおもしろかったなぁ。
村松さんの考え方が、
固定概念を外して行くっていう禅的な考え方に結びついたりとかね。

1611-5(3).jpg
枡野さんが庭がものすごく好きだった和尚として例にあげた人が、
枡野さん本人に、くりそつすぎ。 しかしノータッチで過ぎていくEテレ。
庭園って、こんなにストーリー性考えて作られてんだなぁと感心。
ヨーロッパ庭園との違い、完全を超えた不完全の美しさ、
枯山水のひき算の考え方とか、庭園というのを見る目が変わった。

表参道ヒルズのSWEETS by NAKED展の宣伝で、
村松さんは、最近、よくテレビ出ているなぁ。
なぜ今出始めたんだろう。っていうか、前から出てたけど、
気付かなかっただけなのか。

今、投影するだけでなく、空間自体を作ることに興味おありみたいだけど、
パブリックスペースを非日常にっていう建物投影のが
私的にはすごく見たいなぁと思うけどなぁ。


ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/12/10 18:00】 | ART! | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

rainmaker

Author:rainmaker
おもしろいと思うことは
たくさんあれど、
次々いろんなことあって、
忘れていく・・・
ので、ここに備忘録。。

写真… 撮影も見るのも好き
小さい頃からの趣味。

たまに、絵… 旅に出た時の主におもろ点を記録のため描き描き。
最近は描く余裕が無い(´;ω;`)

写真集や本を出せたらなぁというのが秘かな夢。

Cafe好き… 特に、古民家を好む。

動物( 鳥、たまに虫含む )好き。

カラスさえ見てると飽きない。

お笑い好き。英語好き。RADIOHEAD好き。

My Gallery作品集 リンク ↓

写真集リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ヨロシクオネガーイシマス。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター