Why Does It Always Rain On Me ?
Cafeと写真とお笑い好き雨降らしのつぶやき・イギリスから来たJやんとの日常・・・におこるオモロ話やらギャップ話。             巡り巡ったcafe紹介など。 ↓ 写真集リンク                         
大地の芸術祭(その4)
十日町過疎化

レンタカーショップから出てひと息していると、

たびたび J の話に登場する幼なじみ 君の武勇伝

中古レンタカーショップで働く T 君に、 『安くしてくれよ~』

で、『ボスが休憩してる12時~1時の間ならできるよ 』 と T 君。

待てどくらせど現れない P 君 … が、1時2分前にご到着

さらに悪い事に、ちょうどこっちに歩いてくるボスが見える

君を急かして車に乗せる T

ちょっとひと安心していると、すごい音が!

P 君がショップにある車にバックして激突  してる姿が見える~

P君の武勇伝は数あれど、車のはかなり多い。 そして、ウケる。

十日町無人くん①
十日町無人くん②

それは、さておき。

越後妻有を3日間走りまわって、思ったことこと。

高いとこにある電線カバーやら、ごみ置き場にあった黄色いクサリ、工事現場にあったコンクリ片などなど、

作品って、本気でじーっと見つめたことが何度もあった (笑

日常はアートにあふれているのか?運転しながら作品の場所を見つけるのに必死だったからなのか?

それと。 作品の楽しさ もそうだけど、

過疎化の現実とかを目の当たりにした感じが印象に強く残ったよ。

作品自体もその地域や人々に根ざしたものだし。

アートで蘇った廃校 ( 結構多い )で、この大きさの建物に最後の生徒ちゃんたちは3人で、

どういう気持ちだろうとか、

空家でのアートの近所に点々とある似たような超レトロなお家に住んでる人に驚いたり、

畑仕事をしてるおばあちゃんの働きぶりに感心したり。

十日町色彩 十日町夏の終わり

過疎高齢化に悩む越後妻有を舞台に、

地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、

その魅力を高めて世界に発信して地域再生の道筋を築いていこうと、10年前から始まったお祭り。

地域と都市、アーティストと里山、若者とお年寄りの交流と協働の中から生まれたアートが、

集落や田んぼ、空家、廃校に展開。    ~ 大地の芸術祭HP より



↑ ホントこのまま、これを実感 。

資金難などで、今回は開催が危ぶまれたと何かで読んだけど、

ずっと開催され続けられることを祈りたいな。 いいお祭だもん。

十日町木漏れ日

新幹線で、たった1時間半、新潟の反対側の東京にどんどん近づくにつれ、

車窓に人が増えて、車が増えて、ビルが増えて、

で、ビルだらけのコンクリだらけになって、車と人だらけになって行くさまを見ながら、

高い山々の景色が、そのままビル群に変貌していったのを見ながら、

とても複雑な気分になった。

全部人間がやったんだよねぇとか、

ここまでする必要あったの?とかね。。。



大地の芸術祭の写真いっぱい、コチラ ↓

rsinmskerstreet gallery http://fotologue.jp/rainmakerstreet#/10525842/10526412


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2009/09/04 22:38】 | 大地の芸術祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
大地の芸術祭(その3)
朝から露天風呂で、まったり雨景色 を… 昨日の夜からザーザー降り。

私だから仕方ないと諦めてたら、出発の頃、やんだよ~ 奇跡。

104.記憶・記録 - 足滝の人々

829(1).jpg
この集落の人のシルエットだそう。ダークな感じで好き。

103.Wind Chimes 風鈴

また集落に住む家族の手相や家の柱の日々を形どった金属の棒の風鈴。

ちゃんと各家にひとつあるそうですわ。

 94.ドラゴン現代美術館

これイメージ全然ちゃうかった。。。

100.やまもじプロジェクト

101.私たちのための庭園

829 (2)
廃村になった場所に花畑を作って遠くから見る、その景色がアートと。壮大じゃね。遠かった

 28.ストームハウス

829 (3) 稲妻と大雨の音。

ここは歯医者さんの建物の跡っぽかった。

小さい時、学校かなんかで雨宿りしたとかいうような懐かしい感覚がした。

 32.ふれあい写真館 - おもいは通じる -

829 (4)
作家さんがここで撮った写真をビンに入れて飾ってる。 写真撮られて、その写真を撮りたかった (笑

 33.絵本と木の実の美術館

829 (6)  829 (5)
あける自由。しめる責任。 リアルな学校のトイレ。   Hachi Cafe

テレビでも紹介されてたけど、びっくりするほど混んでた 

廃校になった学校に車が押し寄せてきてて、地元の人にしたらなんか不思議な光景だろうな。

かなり人気の作品だけど、私は、それほどでもなく。ごはん食べてさらっと終了。

 47.雪ノウチ

829 (7) 829 (8)
コレ、かわゆす~  地震で家がなくなった空地だそう …

 16.あかくらん

 17.enishi ~ net works ~ 再生のカプセル

829 (10)  829 (11)
 
enishi もテレビで紹介されていた。近所のおばあちゃんたちが、制作を手伝っているところ。

多分その一人のばあちゃんだったんだろうけど、

お客さんに番組の再放送があることを誇らしげに、うれしそうに、説明してた  

なんかいいなぁと思ったよ。

829 (9) ← 好き。 


帰り道 J 『 あのばあちゃん NHKなんかに出ちゃって、この辺じゃスター扱いなんじゃん?』

最近、畑には来ないし… あの人変わったな (とか?)

『 そう。 いつも麦わら帽子だったのに、今じゃアンジェリーナジョリーみたいな帽子かぶって… 』

いつまでも、妄想 。。。

またカーナビにたぶらかせて、迷い迷って、十日町駅レンタショップに無事到着

妻夫木君の電車(天地人?)でゆらゆら帰る 



写真たくさんアップしました~

スライドより下~にあるファイルをクリックするといっぱい出てきますよ。

RAINMAKERSTREET GALLERY http://fotologue.jp/rainmakerstreet


Be Continued … 

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2009/09/02 22:10】 | 大地の芸術祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
大地の芸術祭(その2)
元気をちょっと取り戻し、ペンションオーナーとおしゃべり。

この辺は、猿や熊や鹿も山から下りて来るんですよ… と。 

夜、ペンション見つからずにあーだこーだ言いながらしばらくウロウロしてたよね~。

J 『 はいはい、そのを左に曲がって、と  … なんてことにならなくて良かったね。 』

トンネルだらけの道へいざ出発  第2日。

131.うつすいえ

828(1).jpg 828 (3)

129.空の粒子

828 (4) 828 (2)

125.たくさんの失われた窓のために

828 (5)

ここで、見た事ない虫に出合う。 ん~、こりゃなんだろうと見つめていると、

よりによって、Jに向かって飛びTシャツに着地。 パニクり、そのまま彼方に走り去った (爆 

見た事ないくらいの速さなんだけど  『 顔にきた … 』 そうです。

どぅわはははは。

 30.音の波 828 (6)

ヘッドフォンからその土地から拾ってる虫の音などがライブで聞こえます。

 31.再構築
828 (8) 828 (7)
OZ MAGAZINEで一目ぼれしたのは、この作品。

234.最後の教室

真っ暗な廃校の中の世界。心臓音のような爆音がずっと聞こえている。かっこいい。

233.上鰕池名画館

名画を地元の方参加の写真で再現した作品。 笑う。

232.家の記憶

229.黎の家


828 (9) 828 (10)
ここでご飯。ここトイレもすべてブラック。

237.湯山の家

223.音の泉~大地、水、宇宙

252.ゆく玉くる玉


828 (12) 828 (11)
透明な玉が廃屋の中のレールをぐるぐる廻る。外にも行くよ。

このお家には、94歳のおばあさんがほんの数年前まで住んでいたそう…。

253.円環-命脈

254.やねキノコ地域の魅力、再発見

255.コンピュータ穴居人のための家 

256.オーストラリアハウス


作者が出かけてて、お留守番をしていた金髪のかわいらしい女の子とお話。

作者のお友達で、シドニー出身。2,3日前にここに来たばかり。

この家もかなりのガタが来てる、車1台やっとの道をしばらく走るっていう、もちろんド田舎。

まさかここに泊まったりしてないんだよね  

『実際、2階で寝てるの…。虫がすごいから、こう、布を上からつってね…  』

 ウソだろー。2階って、天井ぶち抜いてあるあの穴の上のことか?

スーパーも見あたらないじゃん。

『近所の方が、毎日新鮮な野菜やら何やら持ってきてくれて、でも料理法もわからなくて、

処理しきれないくらいなんだけど。』 と。

しかも、数日後には東京で素敵なホテルに泊まるんだって。

リアル過疎地の廃屋     東京のホテル

すげぇ体験だなぁ。 

この夜のホテルは、温泉つきだ~

またまたカーナビを信じて失敗。。。漆黒の山道。

猫がーーーー (急ブレーキ) ふぅ。 

て、安心したら、 ギャーーー、2匹目

追いかけて2匹目出てくるパターン、久しぶり

(写真集リンクに写真もっとアップする予定でっす、後で。)

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2009/09/01 22:15】 | 大地の芸術祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
大地の芸術祭(その1) 
新幹線も2階立てだとなんだかちょっとアホらしく見えるのは、なぜ

じゃっかんの不安を抱えつつ、やってきました新潟は、越後妻有。

827 (4)

レンタカーショップのお兄さんには、「芸術祭ですか

と残念そうに聞かれ、ええ何か?って、感じだけど、「毎日事故あるんで…」

と、いくつも注意事項をいただきました、はい。

そんな不安のまま出発…しょっぱなから、Uターン難しげな行き止まりまで走り  

その家のじいさんが出てきて、ずっと静かに見つめられたまま必死のバック

『 撃たれる、あのじいさんに撃たれる!

J君、本気でびびってる。映画の見すぎですぜ、そりゃ。ただ暇だったから面白がって見てたんだろー。

で。 正しいと思われる方向に走りだすも、車1台分の道に右側は崖… 崖

Jがたまに変な弱い声を上げる。 右に寄るなとね… はいはい。

どこかに抜けるはずと20分もそんな道をひたすら走り、行き着いたのは、先細りのジャリ道。。。

ウソだろ、おい。気づいたらカーナビ上のは、飛んでんのかってくらい何もないとこ走行中… 

Uターン

しかも、そんな思いでたどり着いた作品は、私が見たかった所でもなければ、人っ子ひとりいず。

カラスがやたら鳴き、アホ呼ばわりを感じながら、

まつだい農舞台にやっと着いたころには1時間以上の無駄な時間が経っていた。

この日見た作品。

(写真をもっと、rainmakerstreet/garelly リンク にアップしていくよ (予定 )。 )

149. かまぼこ画廊
827(1).jpg

147. カフェ・ルフレ ~棚田
827 (2) 827 (3)  

150. 花咲ける妻有

203. 訪問者
827(5).jpg

194. 内なる旅
827 (8) 827 (7)

195. 視点

210. 奴奈川舎 「 影/来し方行く先 」
827 (9)

214. 脱皮する家

215. コロッケハウス

217. 庭が生まれるところ

218. 私たちはそれを、ありありと憶い浮かべることができる

しめくくりに、芸術祭にエントリーに間に合わなかったけれど、大人気といわれるこころの花

827 (6)


地域の人が、こんな素敵な作品をエントリーできないなんてっ と、皆でフラッグやチラシで、

お客さんを誘導してくれているみたいです。

暗くなってきて、ライトアップしていた。作家さんらしき人が誇らしげに1人のお客さんに説明してた。

そりゃね。素敵な作品ですよ。 激可愛。

そんな余韻も消えるほど、辛いホテルへの道…

カーナビがまた人っ子一人無しの漆黒の山道へご案内。

虫がバンバン総攻撃してくるヘッドライトの先で何かが動く。 ギャーーーーー って。 タヌキ

道のまん中でデンってしてたのは、なぜなんだ?

『 なんか食ってたよ。 』 とJ氏 - そこで食うなよ。

へっとへとのぐっだぐだで、60歳くらいのご夫婦経営のペンション到着。

奥様がなんと、ウェアアーユーフロム?と始まり、英語勉強好きだった。

あまりの疲れっぷりに遠慮がちの旦那さんをよそに、

奥様は 「 オォ、ブレックファストは何時で?」「ペイ、アドヴァンスだから、オーケ? 」

もはや長嶋風。 Jのひきつり笑顔 。

ごめんね、もっと力が残っていれば、お話したいけれど…

レストラン見つけられず、(コンビニさえもめったに無い)お腹激へりだと言うと、

近所の居酒屋さんに電話してくださりまして、 「1人は外国の方でね、おさしみ食べれるんだって~」

出た。田舎の皆知り合い。これまた61歳のご夫婦経営。案の定、ほとんど貸切状態の質問ぜめ

アートのことはわかんねけど、楽しいの?イギリスは年金はどなの?

でも、食べたら元気出てきて、おしゃべり止まらず通訳しつつ小1時間、面白かった

お孫さん(11歳)の描いた絵が飾ってあったのだけど、これがすごく私は感心したのさ。

アートだよ、アート。 そのおばちゃんは、売ってほしいって人もいるって言ってたけど、わかる。

写真撮ればよかったなぁ。

ペンションに帰り、持参パジャマを持ち出していると、『 いいなぁ、。』

ギ? 『 柔道でほら、着るの何て言うの?』 

柔道着? 「I need ギ…。」 

前開きの服は、ギだと思ってるのか。。。


第1日。 私の1番は、 【 内なる旅 】 かな。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2009/08/31 22:49】 | 大地の芸術祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
OZ magazine で、ひと目ぼれ。
OZ magazine を見て、ひと目ぼれしてから数ヶ月。

やっと、形が整ってきた今回の旅。

越後妻有アートトリエンナーレ、大地の芸術祭~

ドンドンドンドン、ぱふ ぱふっ

新潟の里山、川、集落、棚田や空家、廃校を舞台に350点以上の作品が

760㎞2にどかどかあるっていう
 

旅行会社を訪ね歩きパンフを集めたけど、

芸術祭パスポート、レンタカー & トレイン にホテル

全部自分で探しーの、どの作品をどう周るか計画のため、

代官山のギャラリーまで行ってマップを買いーの。

マップとネット情報とにらみ続ける日々。

すでにマップがぼろってきてる。。。

見たいの全部は見れないだろうな、きっと


毎回思うことだけど、

なんでこんなに計画魔なんだろう、自分。

超めんどくさがりで計画するのも別に好きではないのに。

旅から帰ってからこんなのもあったのに…

とか後悔するの想像するとそれが嫌で嫌でたまらない。

まったくめんどーな性格だよ。

見れるやつ、ざーっと見てぷらぷら…って思えたら楽なのにっ。


Jの同僚さん の嫁さん が、やっぱりそんなんらしく、

Jいわく、

『 10時の電車に乗って、12時にこのお店でランチ食べて、

2時にこの自販機でコーヒー買って… て、具合らしいよ。』


自販機んとこは、作っただろう…。
【2009/08/18 22:13】 | 大地の芸術祭 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

rainmaker

Author:rainmaker
ほぼ備忘録のノリ。
お気軽にどぞ。

写真…撮影も見るのも好き
たまに、絵…旅に出た時の主におもろ点を記録のため描き描き。

写真集や本を出せたらなぁというのが秘かな夢。

Cafeが好き…特に、古民家カフェ。

動物( 鳥、たまに虫含む )が好き…

カラスさえ見てると飽きない。最近、アルパカ、しろくま、鹿にときめく。

お笑い好き。英語好き。RADIOHEAD好き。

My Gallery作品集 リンク ↓

写真集リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ヨロシクオネガーイシマス。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター