FC2ブログ

Why Does It Always Rain On Me ?

CAFEとカメラとお笑い大好きの雨降らし。イギリス人Jやんとの日常のオモロ話やらギャップ話、 巡り巡ったCAFE日記などなど

灼熱からの救い(コマグラカフェ 吉祥寺)

188-2(1).jpg
暑すぎる吉祥寺をカフェ探してさまよううちに、
パン屋さんにあったMAPをもとにたどり着いたコマグラカフェ。
階段あがって3階にあるよ。
188-2(2).jpg
そこにいる人間は、お客さん、店員さん含めひとり残らず女子100%!
188-2(4).jpg
くそ暑い外(東急の裏)を見下ろし涼むよ~。
188-2(3).jpg
ライトの可愛さやドライフラワーが流行ってるらしいなども話をしながらね。
ごはんメニューの選択肢はあまりなかったけど、腹減ってたので2人ともカレー注文。
188-2(6).jpg
私の野菜カレ~。きてみてから、あ、こっちのタイプ!
(メニューに具材が書いてあったけど、全部まぜちゃうやつだったのねっていう)
ふつうにおいしかったのでよいんですけどね。
188-2(7).jpg
すごい素敵やないですか!
他のお客さんの見た時点で目奪われてたのね。
188-2(5).jpg
        ↑こいつが何のかがずっと気になってた。
スイーツがおいしそうなので、吉祥寺来たときはまたよりたいと思える
ライトとカップが可愛いカフェ。

ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

いわゆる吉祥寺ぶらぶら

炎天下の吉祥寺。
ひさしぶりのぶらぶら雑貨屋さん巡り。
188-2(8).jpg
何件か巡りましたけど、
ここの店構えには萌えた。
188-2(11).jpg
Tsubame Markt
超かわいい~( *´艸`)
188-2(9).jpg
いろんな感じで
188-2(10).jpg
撮ってしまう📷
188-2(12).jpg
オーナーさんもとても感じのいい方。
お客さんとの距離感とか、
二丁拳銃のネタかってくらい、ちょうどいい。
ベルギーの自転車につけるナンバープレートみたいのが年代順にたくさんあって
可愛かったので迷ったが、1000円か~と我慢してしまった"(-""-)"
188-2(13).jpg
さらに歩いていると、またまたイキフン出ちゃってる建築物・・・
素敵~
188-2(14).jpg
188-2(15).jpg
今回訪問:Cinq、 Wickie、 Poool、 ツバメマルクト、menui、ジェンテ(花)、Check&Stripe
案にはあったとこ(今後のためのメモ):SAML.WALTZ(土日のみ営業)、つみ草、Round About/Outbound
                        HATTIFNATT、ブリジェラ、Hibi(花)、octobre、MOMO natural 、NATURAL KITCHEN &

ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

シソンヌライブ Sissonne Live 「Sept」

188-2(16).jpg
4カ月前。
全国ツアーの「モノクロ」をなんとなしに見に行ってハマッちゃったシソンヌ。
とうとう東京公演「Sept」にまで手を出してしまいまして in 赤坂。
面白かった! 
小説、車、女優、料理屋、アイドル、カメラマン・・・
特に変わったキャラを演じわけるじろうちゃんがすごい。
声とかも何もかも毎回全然変わっちゃう。
けどな。
率直に言えば、「モノクロ」のがよかった。
「モノクロ」は衣装もセットも無く、「Sept」は衣装もセットもガッツリあるコント。
たぶん、今回の期待度や前回の新鮮度の違いは大きく作用しているなぁ。
コントが終わった後のおしゃべりが地方公演とはまったく雰囲気違うことや、
(地方での2人のリラックス感が東京皆無)
東京のお客さんの違いも。 
よく言われてることだけど、ほんとクールなのね。
この日、しずる村上さんがちょうど前を歩いてきて、隣の隣に座ったんだが、
変装もしてないそのままなのに、
だ~れも、何の反応もしていなかった。
ちょっと見ちゃうとかも無い。完全無視。
シソンヌ見に来てる人が気が付かないわけないと思うけど。
まぁ、それが東京なんですね~。

ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

「ドウイタシマシテ。」と言いたかった・・・

小ネタですけど。
Jやんが山手線乗っていたら、赤ちゃんを抱っこしたママが乗ってきたので、
席をゆずろうとすると、「すぐなので。」と遠慮するママ。
「自分もすぐだからどうぞ」的な感じにし、ママは座った。
ママが降りる駅で、Jやんの前を通り、
「ありがとうございました。」と言うママ。
「ドウイタシマシテ。」と、
言いたかったJやん。
現実は・・・
「ドアガ、シマリマス。」



ママは不思議そうな顔をしていたらしい。
それ普通の音量で言ったの?
『 そうだよ。だって、「ドウイタシマシテ」ってちゃんと言うつもりだったんだから。
”ド”で始まるから紛らわしいんだよ。俺がいちばん聞いてる日本語だもん、「ドアガ、シマリマス!」』

こういう時、爆笑しちゃうから日本語しゃべるのがなお恥ずかしくなっちゃうって、
分かってるんだけど。
悪いけど、爆笑だよ。

R.I.P. B君父とブリティッシュジョーク。

J友のB君のお父さんが亡くなった。
B君は、10年くらい前まで日本に住んでてよくつるんでいた幼なじみの悪友。
Jやんの友達たちの中でも結構ちゃらんぽらんな方に見えてたけど、
イギリスに帰ってからは、ウェブデザインの仕事始めて、
結婚して最近はお子まで出来て・・・いちばんまっとうなコに躍り出てる(;・∀・)
J父は昔、彼と一緒に仕事をしたこともあったので、亡くなるちょっと前に訪ねて行ったりもしていた。

B君父の思い出を語るJやん。
B君もそうだけど、その父もブラックなジョーク言うようなタイプで、
そういうジョーク家で聞いたことがなかった少年Jは、
小さい時に言われたジョークを今でも覚えてるらしい(ってことに、びっくり)。

B父ジョーク①
B君んちの外でサッカーボールで遊んでたら。
「俺は若い時、プレミアリーグの選手になれそうなとこまで行ったんだ。でも、ちょっとなんかあって行けなかったんだよなぁ。」
素直な少年だったJは、「え?大きな怪我でもしちゃったからかな・・・」と思い、「どうして?」と訊くと。
「I was't good enough(それほど、うまくなかったんだ)」(真顔)

B父ジョーク②
「木の上にいた猿が下に落ちてしまった。なぜだと思う?」 
素直な少年だったJは、真剣に答えを考えたがわからず、「どうして?」と訊く。
「It was dead(死んでたんだ)」(真顔)

という具合。

お葬式の話になって。
ホテルみたいな会場で好きだった曲とか流されてて「BornSlippy」とか。
って、70近いであろうオジサンが「BornSlippy」て!かっこよすぎるやろっ。
お葬式って教会で粛々と司祭さんが棺の前でしゃべってるとかそういうんじゃないんか?
とちょっと疑問だったけど、Jやんも別の葬式はあったのかもしんないけどようわからん、と。

Jやんのおばあちゃんが15年くらい前かに亡くなった時の話。
ご近所さんや親戚が集まった場所で、みなさんに紅茶を出してと頼まれて、
(いかにもイギリス・・・)
「ミルク入れる方~?」「はーい」「私はお砂糖スプーン2杯で~」とかオーダーをとって、
キッチンで何十個かのカップ探し紅茶入れて、部屋でふるまい、ちょっとしたら。
皆さんがざわざわし始め・・・。
砂糖と塩を間違えるという古典的なやつをやったらしい。
さすが。。。

ランキングに参加しています
よかったらぽちっとなよろしくおねがいします~
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ